nakatomo-shinkyu.com,E1162V,Catherine,Weitzman,honeycomb,/annotatory624782.html,ワイツマン],disc,[キャサリン,ジュエリー , レディース , イヤリング,イヤリング,11089円 キャサリン ワイツマン Catherine Weitzman イヤリング disc E1162V 販売 honeycomb nakatomo-shinkyu.com,E1162V,Catherine,Weitzman,honeycomb,/annotatory624782.html,ワイツマン],disc,[キャサリン,ジュエリー , レディース , イヤリング,イヤリング,11089円 11089円 [キャサリン ワイツマン] Catherine Weitzman honeycomb disc イヤリング E1162V ジュエリー レディース イヤリング キャサリン ワイツマン Catherine Weitzman イヤリング disc E1162V 販売 honeycomb 11089円 [キャサリン ワイツマン] Catherine Weitzman honeycomb disc イヤリング E1162V ジュエリー レディース イヤリング

キャサリン ワイツマン Catherine 期間限定 Weitzman イヤリング disc E1162V 販売 honeycomb

[キャサリン ワイツマン] Catherine Weitzman honeycomb disc イヤリング E1162V

11089円

[キャサリン ワイツマン] Catherine Weitzman honeycomb disc イヤリング E1162V

商品の説明

キャサリン・ワイツマンの人生には、いつもジュエリーへの好奇心とものづくりへの愛がありました。彼女がジュエリー作りと伝統的な金属細工を学び、アメリカのデザイナー達のもとで働くようになったのは、ごく自然な流れでした。数々の経験を経て、キャサリンがついに自身のハンドメイドジュエリーブランドを立ち上げる準備が整ったと感じたのは、ちょうどキャサリンとその夫であり共同創立者のスコット・ダイアモンドが、実に五年に及ぶ地球一周の旅に終わりを告げたときでした。

旅の途中で出会った、あの人、あの場所、あの景色。時には立ち止まって、秘境に住む職人達と師弟関係を結び、長期間の修行を行うこともありました。そんなすべてが、キャサリンのインスピレーションとなったのです。2000年にアメリカに帰国後、サンフランシスコの地で、彼女はついに自身のジュエリーライン「キャサリン・ワイツマン・ジュエリー」を立ち上げます。その後ブランドは順調に成長し、2004年になると、二人は拠点をハワイに移すことになります。その時立ち上げたスタジオで、現在もすべてのジュエリーがハンドメイドでつくられています。

キャサリンにとって、自然とは単なるインスピレーションを超えたもの。それは彼女の瞳に映る世界はおろか、キャサリン・ワイツマンという人間の在り方までをも揺さぶる、大いなる何かなのです。そんな自然の恵みに敬意を払うように、キャサリンのジュエリーで使われるシルバーは殆どがリサイクルされたものであり、デザインの基盤となるのも、すべてキャサリンが大自然の中で見つけたものなのです。ジュエリーを作る過程において、可能な限り環境に優しい選択をすること。それがキャサリンの目指すブランドのあり方であり、また自然への深い感謝の気持ちのあらわれなのです。また、そのオーガニックな素材を光り輝くジュエリーへと仕立て上げる高い技術力も、キャサリンのジュエリーを語る上で欠かせない要素と言えるでしょう。キャサリン・ワイツマン・ジュエリーは、デザインから制作までを一つ屋根の下で行うのはもちろんのこと、誇り豊かな人材で形成された優秀なチームが一丸となり、そのひとつひとつを丹誠こめてつくっています。

この地球を司る五つの大陸。海に浮かぶ美しい島々。あるいはその二つを行き来する豪華客船の中…。そのすべてで、キャサリン・ワイツマン・ジュエリーに出会うことが出来ます。オスカー女優・ジェニファー・ローレンスを筆頭に、ケリー・ワシントンやエイミー・アダムスなどのセレブリティも、熱心なキャサリンのファンかつコレクターとして知られています。エレガンスと着け心地。最新のトレンドと不朽のスタイル。熱心なファンはもちろん、今日初めて出会う貴方まで、キャサリンのジュエリーはその融合を可能にします。

ニューヨークで過ごした子ども時代。世界中を飛び跳ねた旅の時間。自然と水への揺るぎない愛。そのひとつひとつが現在のキャサリンをかたちづくり、そのデザインを作り出していることは言うまでもありません。たったひとつのジュエリーが繋ぐ大きな輪。そこにはいつも、それを生み出したデザイナー、それをかたちにした両手、それに彩られた腕や胸元、そして、それを微笑み見つめる瞳があります。ジュエリーがもたらすその圧倒的なパワーとともに、今日もまたキャサリンの手から、新たなデザインが生まれていきます。

[キャサリン ワイツマン] Catherine Weitzman honeycomb disc イヤリング E1162V

MORE

RANKING人気の記事

CAR

LIFE SYTLE