/cionocranial616395.html,2156円,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,リスト,nakatomo-shinkyu.com,オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜 リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク 毎日激安特売で 営業中です オルガン〜 2156円 リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜 ミュージック クラシック オペラ・声楽 2156円 リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜 ミュージック クラシック オペラ・声楽 リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク 毎日激安特売で 営業中です オルガン〜 /cionocranial616395.html,2156円,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,リスト,nakatomo-shinkyu.com,オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜

リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク 超激安 毎日激安特売で 営業中です オルガン〜

リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜

2156円

リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜

商品の説明

内容紹介

【ピアノ×オーケストラ=オルガン!?】

分厚い音響に包まれたピアノのヴィルトゥオーゾであり、「レ・プレリュード」など色彩的なオーケストラの魅力が詰まった「交響詩」の創設者としても知られる作曲家、リスト。そのリストの鍵盤音楽の側面と、オーケストラが持つ多彩な音色が融合した彼のオルガン作品が面白くないわけがない!最大のオルガン作品「コラール〈アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム〉による幻想曲とフーガ」などオリジナル作品の他、ワーグナーやショパン、そしてモーツァルトの編曲など「リストのオルガン」を知るのに最適の8作品を収録。日本を代表するオルガニスト椎名雄一郎がリスト作品演奏のために選んだのは、パイプ総本数3033本、ストップ数43を誇り、後期ロマン派の繊細なニュアンスを細部まで再現する、スイスのオルガン工房フェルスベルク社のオルガン。大阪のLICはびきの・ホールMに設置された名器が、いま、高らかに輝きを放つ!

total playing time … 78’23”

〈録音〉LICはびきの ホールM(大阪) 2011年12月27-29日

〈使用楽器〉パイプオルガン(スイス・フェルスべルク社製)
3段手鍵盤ペダル 43ストップ
パイプ総本数 3033本

ジェネラル・コンビネーション 256通り
メカニカル・レギスター/コンビネーション 切換装置
調律法 442Hz=23度
System J-M・Tricoteaux 2000

設計・建造 Orgelbau Felsberg AG(スイス)

組立・整音 Orgelbau Felsberg AG(スイス) ヤマハ株式会社
コンビネーション ヤマハ株式会社

《レコード芸術特選盤(2013年6月号)》

メディア掲載レビューほか

演奏するのは大阪のLICはびきのホールにある、スイス・フェルスベルク社製のもので、多彩かつ精巧、ブックレット表に見るその姿も美しい。演奏曲の中には「バッハのカンタータ《泣き、嘆き、悲しみ、おののき》による変奏曲」、《B-A-C-Hの主題による前奏曲とフーガ》、コラール《アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム》による幻想曲とフーガ」と、当分野におけるリストの代表作が3点含まれる。これらの力作を、椎名は堂々と、力強く表現してゆく。軋むばかりの強音から、優しく浮遊するかのような弱音まで、さまざまな音量と音色を使い分け、表情豊かに、ロマンティック・オルガン音楽の本領を浮き立たせる。以上が「主食」とすれば、残る曲目、本来ピアノ曲である《コンソレーション》第4番変ニ長調、モーツァルト《アヴェ・ヴェルム・コルプス》(合唱曲)、ショパン《前奏曲》第4、9番、ワーグナー〈巡礼の合唱〉(《タンホイザー》より)の各編曲などはそれぞれに味のある「副食」で、互いに相補い合いながら、この価値ある食卓を豊かにしている。 --濱田滋郎氏(「レコード芸術」2013年6月号)

リストの宗教曲、オルガン曲作曲家としての面を実感として理解している方は少ないだろう。本番は“知られざるリスト”の姿を充実した形で示してくれる。椎名の卓越した技術、コントロールの利いた音色が、第三鍵盤を備えた楽器の使用と相まって、リストが求めたであろう理想の響きを奏する。 --永井進之介氏(「CDジャーナル」2013年7月号)

注目度がますます高まっている俊英・椎名雄一郎は毎回、《作品に相応しい楽器」を慎重に選ぶが、今回はLICはびきのに設置されたスイス製オルガンを使用。この楽器はダイナミクスや音色など細かなニュアンス表現が可能で、特に19世紀作品に向く。彼はここで、リスト本人とだけ対峙するのではなく、例えば、リストが理想を見たバッハ像を、作品の中にきっちり捉えている。これは、椎名が取り組んでいるバッハ・オルガン作品全曲演奏の一つの成果であろう。一方で、編曲作品ではオルガンを媒介として、作品自体のイメージを覆してみせる。小宇宙を覗く気分にさせる1枚だ。 --笹田和人氏(「ぶらあぼ」6月号)

リスト オルガン作品集〜LICはびきののフェルスべルク・オルガン〜

本文へスキップします。

MENU

Pick Up & Recommend

閉じる

Facebook

閉じる