ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

カウンセリング 広島 広島市中区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

カウンセリングcounseling

カウンセリングは広島にある当院まで

広島 カウンセリング『カウンセリングで病気をやめること、本当に知っていますか?』

カウンセリングで広島といえば『生き方と向き合い、病気をやめる』を目的に病気をやめる整体カウンセリングを行っています。そして、当院のカウンセリングは広島で病気をやめる整体カウンセリングで健康な生活、生き方をサポートしています。

広島の病気をやめる整体カウンセリングは「どうしたら病気をやめれるだろう」と嘆いているあなたのありたい自分や本当に自分がやりたいことができない満たされない想いや葛藤の苦しみの悩みを病気の本質的な原因から生き方の偏りを整え、病気になった意味、生きる目的、養い方を知り、病気をやめて、あなたのありたい自分、本当に自分がやりたいことで自分の人生を生きるサポートをします。

病は気から・・・

癌(ガン)や子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣膿腫、無月経、月経痛、月経前症候群、月経異常、不妊症などの婦人科疾患、脳腫瘍、脊髄膜炎、喘息、高血圧、低血圧、静脈瘤、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化症、白血病、悪性リンパ腫、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺機能低下症(橋本病)、甲状腺腫、クッシング病、腎炎、膠原病、筋ジストロフィー、自律神経失調症、胃潰瘍、過敏性腸症候群、気管支ぜんそく、うつ、認知症、パニック障害、不眠症、更年期障害、アトピーなどで、病院やメンタルクリニック、心療内科、精神科などに足を運び病気をやめようとしたり、問題解決、健康を手に入れようとしているかもしれません。このような様々な病気や原因不明・慢性的な症状が起こる原因の背景には、あなたが氣づいていない“病気になる生活・生き方”があります。 

広島 カウンセリング 病気そして、私たちがお世話になる病院や西洋医学、病気で悩んでいる多くの人は病気そのものをみます。しかし、病気そのものだけをみて対処しても病気をやめる体質になることはできませんし、「病気を治そう」「病気と闘おう」としても、病気をやめることはできません。なぜでしょうか?

病気の背景にあるものは【病気になる生活・生き方の偏り】があります。東洋医学では病気を考える際に、病気そのものをみるのではなく、「人を丸ごとみる」と考えています。そして、人を丸ごとみた時に、病気になる生活習慣で生活・生き方の偏りが発生します。そのため、この偏りが続く環境なので、人は病気・不調を産みだすようになるのです。

そして、病気というのは身体にとって必要な反応で、あなたの身体を守るため、生命を守るために働いているのです。そのため、身体は間違ったことはしませんし、正直に働きます。そして、病気には“病気になる生活・生き方”があります。それは、自分と真剣に向き合うことで、病気になった理由に氣づくことができますが自分と向き合う事ができなければ、生活・生き方の偏りに氣づくことができず、病気が続いてしまいます。

そのため、薬を使わず自分と向き合うことで、生活・生き方の偏りをみつけ、そこから、健康になる生活・生き方へ変えていくことで病気をやめる、健康を手に入れることができます。

広島で受けることのできる病気をやめる整体カウンセリングは病気の本質的な原因から、生活・生き方の偏りを健康な生活・生き方へ整え、病気になった意味、生きる目的、養い方を知り、あなたらしい生き方をすることを目的とした”病気をやめる整体カウンセリング”です。

病院や西洋医学、他の療法を行っても、病気をやめることができず、自分だけが何のために病気になるのかと嘆いているあなたは病気になる理由や在りたい自分、本当に自分がやりたいことができない満たされない想いや葛藤の苦しみで悩んでいるかも知れません。その悩みを病気をやめる整体カウンセリングで解消し、病気をやめて、あなたがあなたの人生を在りたい自分、本当に自分がやりたい事で自分の人生を生きることを実現するサポートをいたします。

『病気を不運と考えることは、治癒の働きを確実に妨げる。病気は変化を起こすための強力な刺激であり、人によっては内面的葛藤を解決する唯一の手段だ。治る患者は、病気を人間的成長のための絶好の機会と考える。言い換えれば、病気こそ本当の意味での贈り物と考えるのだ。』(米国の健康医学研究者 アンドルー・ワイル)


病気になる原因とは?

近年、医療は飛躍的に進歩しています。昔と比べると医療機器や医療技術が向上し、食事や運動など健康に氣をつける環境がしっかりと充実しています。ですが、病気やさまざまな症状がでている人が減少しないのは、なぜでしょうか?病気や症状の真の原因とはいったい何でしょう。偶然に起こるものでしょうか?

病気の原因病気は必然と自分で創っているのです。

東洋医学では、「心身一如」という考えがあります。
これは「身体と心はひとつである」という考え方です。

何らかの要員で身体が偏り病気や症状がでてきますが、これらの背景には「身体の偏り」「心の偏り」があります。そして、心の偏りを簡単にいうと「感情」「思考」の偏りになります。この身体と心のバランスが大きく偏った時に病気になります。

そして、それが病気や病気の部位、あなたの発言する言葉のパターンによって、どこに身体の偏りと心の偏りのバランスが悪いのか判断することできます。東洋医学では身体×内臓×心の関係を以下の図のように示しています。

内臓   肝 胃  肺  腎 
 感情・思考  怒 悲  恐 

この身体×内臓×心のバランス関係が日常生活の何らかの積み重ねで悪くなった時に人は病気になるのです。

例えば、『仕事がうまくいかない』『人間関係がストレスだ』『目標を見失っている』『素直に言いたいことが言えない』『自分や相手を許すことができない』『寂しい…』『自信がない…』などのさまざまな悩みが原因です。

病気別に大きくみると以下の内容があります。
癌:深く傷ついている、どうしても明かせない秘密や深い悲しみ
子宮頸がん:女性でいることの拒否、男性に負けたくない
乳がん:母親に対する隠された怒り、自分より他人のことを優先
生理痛:自分への怒り、女性である事への嫌悪感
不眠症:人生の成り行きを信頼できない、罪悪感
うつ:絶望、自分が持つべき権利がない
白血病:自分のひらめきを容赦なく否定  
腫瘍:古い傷やショックを大切にしている
(ルイーズ・L・ヘイ 著 すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉  一部を参照)

そして、これらの”思い込み”や”感情”の問題を解消できないまま間違った解釈で放置し心の偏りがある人がいます。それが次第に身体の偏りへとつながります。しかし、身体はそのことに氣づかせようと病気というメッセージで身体と心の偏りを修復しているのです。

病気のメッセージさらに、その偏りから「あなたの生活・生き方の偏り」を教えてくれているメッセージでもあります。そのため、自分と向き合う事をしないで、そのメッセージに氣づかず、放置していると病気をやめることができなくなるのです。

あなたの病気のメッセージは一体何でしょうか

身体に負担のかかる事や疲労・ストレス・継続する心の悩みや忘れている未完了な感情、間違った思い込みなどから、身体と心の偏りが産まれ、そこから、不安や怒り、恐れなどの心のバランスが崩れはじめ、これが体内の各臓器の働きに影響を起こし、病気や症状などをだすのです。

将来さまざまな病気や病名が何万種類と増えてくるかもしれません。しかし、いくら増えたとしても、根本的な原因・本質は変わりません。なぜなら、病気になる根本的な原因には、あなたの氣づいていない“病気になる生活・生き方の偏り”があるからです。この病気になる生活・生き方の偏りが解決しなければ、いつまでも病気や体調不良のままでいることになります。

病気と向き合う事をせずに、どんなに薬を飲んでも、手術を行っても、どんなに効果のある食事や運動をしても、どんなに腕のいい治療院に数十件行ったとしても、健康になる生活・生き方でなければ、病気が続いたり、再発を繰り返したり、病気をやめることができません。

このように病気そのものだけみても病気をやめることができません。そして、病気になった原因に氣づき、その生活・生き方の偏りバランスを整えて、ありたい自分や本当に自分がやりたい事で健やかに生きる生活・生き方をすることで病気をやめたり、健康を手に入れることができます。


病気の原因チェックリスト

病気の原因をまずはチェックしてみましょう。

病気のチェックリスト□ 病気は治すものだと思っている
□ 病気は「悪いモノ」「闘わなければいけない」という思っている
□ 病気は誰かに治してもらうものだと思っている
□ 喜怒哀楽などの感情を何か抱え込んだままにしている
□ 言いたい事が言えず我慢したり、溜めこんだり、隠している
□ 自分を押えて他人に合わせてしまう
□ 自分は「ダメな人」「弱い人」「価値がない」など自己否定している
□ 過去の出来事に後悔や罪悪感などを持ち続けている
□ 健康になる目的が明確になっている
□ 幸せや楽しみなどの感受性が鈍くなっている
□ 病気を誰かのために治すと思っている
□ 人間関係で過去や現在まで解決できない問題を抱えている
□ 病気になることでメリットがある(例:かまってもらえる、優しくしてもらえるなど)
□ 自分や他人を責めたり、許していないことがある
□ 在りたい自分や本当に自分がやりたい事をあきらめている
□ 本音の夢や望みを言えないままでいる
□ 自分でさまざまな事を限界を感じたり、あきらめている

いくつチェックがありましたか?病気になった人、病気をやめた人の生活・生き方の偏りの共通点ですべての項目が病気の原因になります。まずは、自分と向き合い、病気になった意味を知り、病気の背景にある満たされない想いや葛藤の苦しみがあったことに氣づき、生活・生き方の偏りを整えていくことは大切なプロセスになります。そして、「自然と病気になった意味を知り、生き方を変え、ありたい自分や本当に自分がやりたい事で自分の人生を生きる」ことが大切です。


何のために、病気が発生するのか?

病気の発生病気は、何のために発生するのだろうと疑問に思っている方が多いかもしれません。病気が発生する原因は、健康になる生活・生き方をしていないとでてきます。簡単に言うと、大きな負担やストレスなどがあってバランスを大きく乱した時です。

人は産まれてから死ぬまで自分の身体と生命を維持する働きがあります。

生命を維持する為に働き、病気を通して、生活・生き方の偏りに氣づいてもらうために、目にみえるカタチで出るのが病気です。その情報に氣づかず放置したままだと病気・不調が続きます。

陰陽対極図これは東洋医学でも考えられています。人の身体は「陰」と「陽」というバランスでできていると考えています。陰とは「水」で、陽とは「火」みたいな関係で、図の黒が陰、白が陽になります。

この陰陽バランスが整っていることで身体・生命を維持できますが、このバランスが悪くなった時に病気になると考えています。

そして、東洋医学では、陽病(捻挫、打撲などの表面的な怪我のこと)、陰病(内臓、神経、精神などの内面的な病のこと)に分かれ、癌や難病などの病気は“陰病”として捉えます。

そして、何かの原因により陰と陽のバランスが崩れ、陰に大きく偏ります。そのバランスを保つために、陰が陽に動こうとします。このプロセスを陰陽の転化といいます。

しかし、病気の場合はこの陰陽の転化が起こりません。なぜなら、生活・生き方の偏りが変化されていないために、陰から陽に動かず停滞するため、病気になるのです。例えば、川の水が何かでせき止められて氾濫が続いているような状態です。この陰陽の転化は、ある一定の条件が揃わないと起こらず、これがうまくいかない時に病気が続くのです。

そのため、生活・生き方と向き合い、病気の原因をみつけ、健康になる生活・生き方を手に入れながら、この陰陽の転化を働かせ、循環させることで陰陽バランスが整い健康を得ることができるのです。


カウンセリングで、なぜ、病気をやめれるのか

カウンセリングで病気をやめること、それは、なぜでしょうか? カウンセリングで病気というと悩みを聞くだけの所が多いですが、ハルモニアのカウンセリングは、「生活・生き方を変え病気をやめる・健康になる」独自の病気をやめる整体カウンセリングだから病気をやめる・健康になる体質を手に入れることができるのです。この病気をやめる整体カウンセリングは、脳科学×心理学×言語学に加え、東洋医学を総合的に用いた方法になります。

では、なぜ、カウンセリングをするのでしょうか?それには、3つのポイントがあります。

病気 脳の動かし方脳の動かし方を変える
整体や鍼灸などの様々な手技がありますが、これらは身体を刺激し間接的に脳を動かして身体の働きを整えています。

病気をやめる整体カウンセリングは脳科学×心理学×言語学の視点から脳の動かし方を変え、身体の働きを動かしています。

病気 カウンセリング脳の知覚フィルターを調整  
脳には“知覚フィルター”があります。この知覚フィルターを通して、外部の情報を視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚などの五官を通して身体に取り入れ脳に伝わります。

この情報を取り入れる時に脳の知覚フィルターがどうなっているかで、現実のとらえ方が変わり身体に起こる反応が異なります。

この知覚フィルターの部分に、脳の動かし方の偏りが存在していると、その偏りに合った反応が自然と脳に伝わります。そのため、この知覚フィルターの部分にどんな偏りがあるかをチェックし、解消する必要があります。

心の偏り心の偏りを調整できる
喜怒哀楽などの感情や思考というのは、脳に記憶されており、それが背骨を経由して生理的に反応し身体で表現します。そして、人には意識と無意識があります。意識5%と無意識95%の割合で身体を支配し私たちをコントロールしています。そのため、無意識にある心の偏りを整えることが大切です。なぜでしょうか?

物理学者であるアインシュタインは『いかなる問題も、それをつくりだしたときと同じ意識によって解決することはできない』と言っています。 

あなたの氣づいていない“病気になる生活・生き方の偏り”が無意識化あると健康になることができないため、それを意識化し健康になる生活・生き方へ整えていくことが必要です。簡単にいうと、焦点を変えていくことです。これは、人は意識したことしか焦点が当たらないからです。

例えば、クローゼットに黒い服がいくつあるでしょうか?よく観るとクローゼットには赤・青・黄色い服など様々な服があるはずです。しかし、黒い服に焦点を当てるとそこしか見えなくなるのです。つまり、「病気をやめる」という意識に焦点を当てるのではなく、生活・生き方と向き合い、無意識にある病気になる生活・生き方に焦点を当て、そこから健康になる生活・生き方へ整えることが大切なのです。それにより脳の動きが変わり身体の反応も変わるのです。

この3つのポイントがあるので、整体や鍼灸ではなく、カウンセリングをすることが良いのです。そして、これらから、あなたが生活・生き方と向き合い、病気になった理由に氣づき、それを言語化・言葉にすることが大切です。病気になる理由を言語化できなければ病気をやめることはできません。さらに病気になる言葉のパターンのクセ病気をやめる言葉のパターンに整えることが大切です。病気には病気になる意味が必ずあります。  

健康の相談を受けた時、話す内容は病気そのものとは違う話題を話していることがほとんどです。それにより病気→健康を手にした方が多くいるだけです。


カウンセリング療法は広島市中区の当院にお任せください。

病気をやめる整体カウンセリグを安心と信頼を心がけて行う広島市中区にある当院のカウンセリング。

カウンセリング前の悩みカウンセリング前にこんな悩みが・・・
 『癌や難病など重い病気で悩んでいます』
 『西洋医学や薬、化学療法でも良い結果がでない』
 『自分らしくいられない』
 『本当に自分がやりたいことができない』

このような病気や満たされない想いや葛藤の苦しみで悩んでいる時は病気をやめる整体カウンセリングで自分と向き合い病気をやめるための健康な生活・生き方を手に入れるため、ぜひ広島にある当院までお越しください!

解剖学や生理学、病理学などの基礎医学や脳科学、臨床心理学、言語学などの知識を持ったカウンセリング療法のプロのスタッフが、誠心誠意対応します。

プロのカウンセリング療法によって、薬を使わず、身体を傷つけず、生活・生き方の偏りを整え病気をやめる、健康になる生活・生き方をすることで、望みを叶える、本当に自分がやりたいことで自分の人生を生きるサポートさせていただきます。


カウンセリングについて

心理カウンセリングカウンセリングは情報カウンセリングと心理カウンセリングの2つあります。当院で行うのは『心理カウンセリング』になります。

カウンセリングはつらい事、嫌なものをみる、弱い部分をみるのは恐い、スピリチュアルなものなど不安や疑問を持っている方が多くいますが、当院で行うカウンセリングは病気となった生活・生き方と向き合い病気をやめる、健康な生活・生き方へ変えていく方法で広島で独自のカウンセリングになります(※スピリチュアルではありません)

そして、「病気になる意味がわかった」「そんな昔のことが影響していたなんて」「在りたい自分がコレだった」「本当に自分がやりたいことに氣づけた」「生き方が変わりました」など自分と向き合い、生活・生き方の偏りを知り、病気をやめて、健康になる生活・生き方の選択をした方が少なくはありません。

カウンセリングがどういう事をするのか、不安や疑問をもっている方も多いかもしれません。なので、当院のカウンセリングの特徴について説明いたします。

当院のカウンセリングの特徴
1:薬を使わず、自分と向き合い、病気やめる
2:個別の生活・生き方の偏りをみつけ、解消する
3:1人ひとりに合わせたカウンセリング法で行う
4:安心と安全を心がけて行なうカウンセリング

5:本当に自分がやりたい事で幸せで豊かな人生を選択できる

カウンセリングの多くは「話を聞く」「共感する」などをしている所が多いです。これはカウンセリングを行うことで大切な事ではありますが、これだけでは、病気をやめる生活・生き方の偏りを変えることはできません。

その病気になる生活・生き方と向き合い、健康になる生活・生き方へ変えていくことが必要になります。そのバランスを整えると健康を手に入れることができます。


カウンセリングの流れ

安心・安全・信頼を心がけて病気をやめる整体カウンセリングを行なっています。

カウンセリングの流れ『何を話せば良いのか』『どんな事をされるのか』「自分と向き合うとは?」という不安や疑問があっても、ご安心ください。こちらが誘導してご案内いたします。

そして、病気になる生活・生き方の偏りに氣づき、新しい発見や考えたこともないような氣づきから健康になる生活・生き方へ変えていくカウンセリングです。無理にお話をさせたりすることがなく、安心・安全・信頼を心がけて行なうカウンセリングであなたのペースに合わせて行います。(※病気と向き合う事が出来ない方、本氣で変わる氣がない方はうまくいきませんでの他所をお勧めいたします。)

【カウンセリングの流れ】
「カウンセリングってどんな事をするんだろ?」
「どんな手順でカウンセリングするんだろ?」って疑問や不安ですよね。

初めてカウンセリングをお受けになる前に、安心してカウンセリングが受けられるように基本的な流れを記載します。

1.お申込み
カウンセリングを受ける前にお申し込みを頂き、お悩み、ご予約の日程、ご入金が確認でき次第、ご予約の日程を承ります。

2.来院→カウンセリング表に現在の状況を記入
現在の病気やさまざまな症状、これまでの経過などを簡単に書いていただきます。 スタッフにお伝えしたいことなどがございましたらご遠慮なくお書きください。

5.カウンセリング表を参考にお話
お話しできるところからお話を聞かせていただきます。 『何を話したらいいだろう…』『話しがまとまっていない』『こんな事を話したら責められるかも』『こんな事を話したら変に思われるかも』など、最初は多くの方が、このような不安や緊張を感じたままの方が少なくありません。ですが、リラックスした状態で思いついたことをただお話しして頂くだけで結構です。こちらでご案内しながら、お話を進めてまいります。

6.病気になる生活・生き方の偏りを明確化
病気やさまざまな症状を引き起こしている生活・生き方の偏りを明確化していきます。

7.カウンセリング療法
生活・生き方の偏りが明確になると健康になる生活・生き方のカウンセリングを行います。人にはそれぞれの生活・生き方があります。それが病気になる生活・生き方だと病気や不調がでてきます。その生活・生き方の偏りを健康な生活・生き方になるよう介入し、あなたのやりたいことを基準に”氣づき”や”新しい発見”ができるカウンセリング療法を行います。

医療機関の受診が必要だと判断した場合、医療機関をご案内させて頂くこともあります。また、当院以外のカウンセリング療法が望ましいと思われる場合も他のカウンセリング機関をご案内させて頂きます。


広島にある当院でカウンセリングを受けるメリット

1.病気になる生活・生き方の偏りが分かります。
 病気やさまざま症状を引き起こしている生活・生き方の偏りがわかります。その生活・生き方の偏りを氣づき、健康を目指してもらいます。

2.最新のカウンセリング療法
 常に最新のカウンセリング技術をセミナーで習得していますので、最新のより良いカウンセリング療法を受けられます。

3.アフターフォローが充実
 カウンセリング後も日々のケアが大切になります。そのため、カウンセリング後が終わっても一定の期間は自分と向かい合い健康になる生活・生き方が必要になります。当院ではカウンセリングの効果維持と再発を防ぐことを心がけているために1人ひとりにあった健康になる生活・生き方の指導を行っております。

4.完全個別化対応
 当院のカウンセリング療法は完全個別化対応でしております。そのため、マニュアル通りのカウンセリングではなく、1人ひとりのお悩みをお聴きし、それを一緒になって健康を目指すように行っています。

5.高度なカウンセリング技術を心がけています。
 多い月では、月に30時間を超える脳科学・心理学・言語学・量子力学・研修会などに足を運び日々学んでおります。


カウンセリング料金

まずは個人セッションのお申込みをお願いいたします。
当院の個人セッションのご予約はご入金を確認してからのご予約→ご案内になります。

病気をやめる整体カウンセリング療法  1回 20000(120分)

病気をやめる整体カウンセリング療法は「対面」、「遠方の方はSkype」でも可能です。
お申し込みの際に、どちらを希望か教えて頂けますか?(※ただし、内容によってはSkypeで対応できない場合もございますのでご了承ください)

広島のカウンセリング 申込み

【お申込みの流れ】
1.まずは、『個人セッションのお申込み』からお申込みください。
2.当院から3日以内に返信メールをお送りいたしますので、メールで詳細やご入金先をご案内いたします。
3.お申込みから一週間以内にご入金ください。
4.ご入金が確認できましたら、カウンセリングのご予約をご案内させて頂きます。

【キャンセルポリシー】※必ずお読みください。
・ご予約確定後の変更・キャンセルはいたしかねます。
・ご入金後の返金は致しておりません。
・お申し込みから一週間以内にご入金手続きをお願いいたします 。
・一週間以内にご入金いただけない場合は自動的にキャンセル扱いとなります。

ご不明な点などがありましたら、ご遠慮なくおたずねください。

広島のカウンセリング 申込み


カウンセリング療法Q&A

カウンセリング 質問Q.どんなことを話したらいいの?
A.カウンセリングではあなたのご相談をお聞きします。ほとんどの方がカウンセリングを受ける前は、「こんなことを相談してもいいのかな」「緊張して何を話していいのかわからない」「理解してもらえないかも」など様々な不安や緊張を感じています。お話ししながら、あなたのご相談をお聴きしますのでご安心ください。

Q.1回カウンセリングを受ければいいの?
A.1回で病気をやめることにつながることは少ないかもしれません。なぜなら、長い年月をかけて病気になっているからです。そのため病気になる生活・生き方から、健康になる生活・生き方を変えていくにも時間がかかります。そして、それを継続させていく必要もあります。そのため、病気になる生活・生き方の偏りを整えたいならば継続してカウンセリングを受けることをお勧めいたします。

Q.カウンセリングはどの位のペースで通えばいいですか?
A.カウンセリングを受けるペースは人それぞれになります。症状の程度になりますが、1週間に1回あるいは2週間に1回のペースになります。

Q.カウンセリングはどんな人が受ければいいの?
A.薬を飲んでも効果がない、西洋医学や他の治療法など考えられることをすべてやったけど病気をやめれない人は当院のカウンセリングをお勧めいたします。

Q.カウンセリングを受けると絶対良くなりますか?
A.カウンセリングで絶対良くなるとは言えません。なぜなら、医療に「絶対」という言葉がないように、カウンセリングも「絶対」ということはありません。特に真剣に自分と向き合えない方変化する氣が無い方生き方を変えれない方は、上手くいきませんし、こちらでもお断りさせて頂きます。そのため、最初から絶対良くするのが当たり前とお考えの方は当院のカウンセリングはお勧めできないかもしれません。

Q.カウンセリング療法は予約制ですか?
A.カウンセリング療法は完全予約制で行っています。


カウンセリング療法の選び方

カウンセリングの経験は?
カウンセリング療法は「カウンセリング」と書いてあればどこでもできると思われているかもしれません。例えば開業しているカウンセリング専門や心療内科・精神科であれば心理カウンセリング療法ができると思われがちですが現状はそのようなことはありません。そのため、そのカウンセリング専門院が実際に心理カウンセリングを行っているのかどうかをご自身で確認する事をお勧め致します。

特に病気をやめるカウンセリングは最新の技術です。そのため、この技術が提供できる専門家は稀です。

そして心療内科や精神科、カウンセリング専門の業界の多くは情報カウンセリングを繰り返すだけの慰安的な場所になっています。その為、心理カウンセリングを行ったことがないという病院やカウンセリング専門がほとんどという状態です。

 また、心理カウンセリングをやっている所でも話を聞かない、無理矢理決めつける場合は要注意です。なぜなら心理カウンセリングは無理矢理行っても変化がないあるいは抵抗し反発します。そして心理カウンセリングを受けて不快感が残る場合には強すぎるとお考えください。このような強制的に変える心理カウンセリングを受け続けると不快感が残ったまま日常を苦しみながら生活することも考えられます。

 実際、当院にも他の病院やカウンセリング専門で無理やり決めつけられ、不快な思いをされた方が来ることがよくあります。当院だけが心理カウンセリングの専門院ではありません。他にもカウンセリング専門院は周りにたくさんありますが、そうではないカウンセリング専門院も多いのが現状になります。

 カウンセリングの際に納得がいかない、あるいは身体やカウンセリングに関する説明を全然してくれないなどの時には他のカウンセリング専門院を探してみることをお勧めします。

病気をやめるカウンセリング技術の有無について
病気をやめるカウンセリング療法に限った事ではありませんが、あなたの身体と心の偏りを整えて病気をやめるのに専門知識を持ったカウンセラーがカウンセリングを行う必要があります。

病気をやめるカウンセラーは基礎をしっかり学んでおります。そのため、病気をやめる専門知識・技術を兼ね備えたカウンセラーのカウンセリングを受けることをお勧めします。

料金が安すぎる
料金が安すぎる処は危険です。なぜなら、話を聞いて終わり、自分勝手なカウンセリングなど、根本的な原因から解決できる知識や技術がない場合が多いからです。また、継続してカウンセリングを行うことが多いからです。

病気やさまざまな症状がでている場合のカウンセリング療法は高度な技術と豊富な知識と経験が必要になり、病気をやめるためにも1回のカウンセリングを行うにも時間が必要になります。そのため、料金が安い場合は、話を聞かない、技術がない、自信がないなどが考えられるため、安いカウンセリングには注意が必要です。


スタッフ紹介

広島のカウンセリングスタッフ名前:中友 大介

【資格】
鍼師・灸師・柔道整復師
NLP・LABプロファイル心理カウンセラー
ヒプノセラピー・シータヒーリング・レイキセラピスト
広島のカウンセリングの鍼師広島のカウンセリング 灸師広島のカウンセリングの柔道整復師広島のカウンセリング レイキ広島のカウンセリングのヒプノセラピー広島のカウンセリング NLP

約28000人の経験の中で病気の背景には、「人を取り巻く環境全てが影響する」ことに氣づき、整体×四柱推命×風水×脳科学×心理学×言語学など、これまで世界でも稀な専門家に師事。働く女性、主婦、経営者、医者や看護師、医療従事者など健康の悩みを、すべてを包括的に身体と捉えて、病気の本質的な原因を豊富な経験と洞察力・観察力で総合的に分析・特定し、身体と心の偏りを整え健康の悩みを解放してきた。

そして、「病気をはじめ、仕事、人間関係、自己の存在理由、人生の目的がみつからない、それらが苦悩の種で心から強く望む自己成長・進化につながる、やりたい事やなりたい自分への想いが実現できず、満たされない想いや葛藤で苦しむと病気になる」自身の経験を通して、現在は肉体的な健康と共に“精神的・社会的な健康”にも焦点をあて、カウンセリング・コーチング・四柱推命・風水などで、秘めた可能性や素質の開花、運氣を整える住環境、未完了な感情・勝手な思い込みや価値観を解放することで、癌(ガン)などの重い病気や難病、仕事の業績、収入アップ、人間関係の円滑、子育て、存在理由、生きる目的、将来のビジョン設定などの望みや目標達成で人生サポートしている。

そして、「自分の人生と真剣に向き合い、自分の人生で生きて愉しむこと」を推奨し、整体や毎月講座を開催し、最先端の知識や技術の向上のため全国、世界へと飛び回って活動している。


カラダとココロの健康講座

病気と向き合い病気をやめるための、身体と心の偏りを整え方を、毎月テーマを変えて講座を行っています。こちらの講座に参加しても病気をやめる場合があります。ご関心ある方はこちら

また無料メール講座も行っております。
自分だけが、なぜ、病気になるのかと嘆き、病気でありたい自分や本当に自分がやりたいことができない満たされない想いや葛藤の苦しみで悩んでいる方に「病気や体調が悪くなる原因がわかる無料メール講座」(全9回)を無料メールセミナー形式で配信中です。詳しくはこちら


病気についてのお問い合わせ

癌(ガン)や子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣膿腫、無月経、月経痛、月経前症候群、月経異常、不妊症などの婦人科疾患、脳腫瘍、脊髄膜炎、喘息、高血圧、低血圧、静脈瘤、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化症、白血病、悪性リンパ腫、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺機能低下症(橋本病)、甲状腺腫、クッシング病、腎炎、膠原病、筋ジストロフィー、自律神経失調症、胃潰瘍、過敏性腸症候群、気管支ぜんそく、うつ、認知症、パニック障害、不眠症、更年期障害、アトピーなどでお悩みの方は、一度、ご相談ください。

病気について、個人セッションのご予約・お悩み・ご相談など、こちらからお問い合わせください。

広島のカウンセリング 申込み


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス