ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

不妊 広島 整体

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

不妊整体infertility

不妊整体

広島の不妊治療の鍼灸治療専門院『最新の不妊整体で不妊の悩みを解決しませんか』

広島で不妊整体といえばハルモニア式整体療法
        不妊整体は当院にお任せください!

広島にある当院の不妊整体は整体療法はもちろん、東洋医学的な整体療法と西洋医学的な整体療法の各々の良い所を使って独自の不妊整体を行っています。不妊で整体療法といえば広島でも高い専門性と経験豊富な当院へご相談ください。

薬を使わない不妊整体で身体に優しく副作用がない安心・安全の東洋医学的な自然療法です。広島にある当院は東洋医学的な診方で1人ひとりの身体状況や時期、環境に合わせて最適な不妊整体を行い1日でも早く赤ちゃんを抱っこする笑顔の瞬間が実現できる不妊の体質改善をサポートします。


不妊整体院 広島では無料メール講座を配信中

不妊整体広島の小冊子広島にある不妊整体専門院では、無料メール講座を行っています。

不妊治療を受けても妊娠できないで思い悩んでいる女性の方に、
『妊娠できないホントの理由』(全11回・無料)をメールセミナー形式で配信中です。

そして限定100名の方に【知らないと後悔する『間違ったベビ活』】(PDF・69ページ)も無料プレゼントしております。

【妊娠できないホントの理由無料メール講座】【ご関心がある方は、今すぐ無料で登録!】


不妊整体とは

不妊症に効果があるさまざまな方法の中で整体療法は科学的な検証もなされていて、整体の単独だけの不妊整体として効果があり妊娠率を高めることをご存知でしょうか。

昔から東洋医学的な方法の不妊整体を行うのが効果的だといわれていました。そして最近、不妊で整体療法が妊娠する可能性が高まると認められ海外では積極的に行われています。

不妊整体は100年以上の歴史と施術経験の積み重ねにより発展してきた経験医学の自然療法です。そして多くの方が自然妊娠できていた時代になります。米国では約610万が不妊で悩んでいます。そんな中、不妊整体を行った結果、約90%以上の確率で効果がでていると米国生殖学会では発表されています。

不妊整体の進歩に伴い数年前よりも妊娠する理論がしっかりと確立されるようになって妊娠できる可能性が高くなっています。実際に当院でも妊娠されている方が多くいらっしゃいます。

広島の不妊治療の鍼灸治療・整体療法不妊整体で非常に大切なことは『妊娠しやすい身体作り』をすることです。つまり、妊娠する母親の身体が健康になっていることが重要です。

西洋医学では不妊症の原因を子宮や卵巣などの内臓やホルモンの異常が原因だと考えられています。ですが不妊整体ではこれらの内臓やホルモンの異常だけが原因だとは考えていません。

不妊整体では子宮や卵巣などの身体の一部分だけ症状をみるのではなく、身体全体をみて総合的に体内バランスを整えることで子宮や卵巣の機能を向上させる不妊整体を行い自然妊娠しやすい母体づくりをすると考えております。

母体づくりをしないでホルモン療法、人工授精、体外受精、顕微授精などステップアップしながらどんなに西洋医学的な不妊治療を行っても母体が妊娠する体質でなければ妊娠する可能性は低くなります。

また西洋医学的な不妊治療は強い副作用を伴います。そして薬や精神的なストレスの影響で心身に負荷がかかり身体バランスが崩れる方もいます。しかし不妊整体は身体に負荷を与えることなく安心して受けることができます。

当院の不妊整体療法は独自の療法で病状だけでなく、1人ひとりの体質や身体全体のバランス、ストレス状態などから総合的に判断して行います。

不妊整体で骨盤の歪みを整え良質な卵を育成排卵誘発剤の使いすぎで低下した卵巣機能の回復子宮の血液循環をよくして受精卵が子宮内に着床しやすくなるなど赤ちゃんができやすい体内環境作りを行い人間が本来もっている自然治癒力を最大限に引き出し常に健康な状態を維持させます。

原因不明の不妊症』や『何度も人工授精・体外受精をしている』などで妊娠できない方、『自然妊娠がしたい』と望んでいる方、これまで不妊で不安や悩んでいる方は当院の不妊整体で骨盤の歪みを整えて妊娠しやすい体質に改善してみませんか?

当院は良質な卵を育て着床しやすい子宮内環境に整え身体が本来持っている『妊娠・出産力』を最大に活かせるよう不妊の体質改善を目指します。


不妊整体は広島市中区の骨盤の専門家にお任せください

広島で不妊整体といえば迷わずハルモニア鍼灸整骨院へお越しください。

広島の不妊治療の鍼灸治療の悩み不妊整体でこのような悩みがある・・・
 『原因不明の不妊だと言われた』
 『基礎体温が乱れている』
 『卵の質が悪い』
 『色々な方法を試しているけど、なかなか妊娠できない』
 『自然妊娠したい』  

など、不妊の方は様々な不安や悩みがあります。
このような時はすぐに広島の不妊整体を当院で受けてみませんか?

広島の逆子鍼灸治療の悩み不妊整体を受けた後
 『嬉しい♪ 自然妊娠ができた♪』
 『基礎体温がよくなった』
 『卵の質がよくなった』
 『身体がポカポカと温かくなった』
 『赤ちゃんを授かることができた』

など、たくさんのお喜びの声と笑顔ををいただいております。

これまでに数多くの不妊整体の経験から不妊の原因を把握し、今の不妊体質の状態に合わせた最も効果的な最新の不妊整体を受けて頂けます。

当院の不妊整体によって不妊と判明してから中々改善できなかった不妊体質が多く改善され、赤ちゃんを授かることができた喜びの笑顔と安心感をみてきた広島の不妊整体の骨盤矯正院に一度ご相談ください。

 不妊整体に関する整体技術はもちろん、不妊中の様々な疑問・不安・悩みのご相談を解決してきた経験から心身ともに充実した日常生活を送って頂けるようサポートいたします。


不妊になりやすい体質の方

1.生理痛や生理不順がある

不妊体質2.無月経である

3.お腹や腰周り、手足に冷えを感じる

4.足のだるさ、むくみがでやすい

5.トイレが近い

6.疲れやすく、やる気がおきない

7.貧血や低血圧気味である

8.めまいや立ちくらみがある

9.胃腸が弱く、食欲がない

10.軟便や下痢をしやすい

11.体温が36.0℃以下の低体温である

12.人工妊娠中絶の経験がある

13.頭痛や肩こりが頻繁に起こる

14.神経質でちょっとしたことで不安になる

15.イライラしやすく、怒りやすい

16.骨盤の歪みがある

17.目の下にクマができやすい

18.不規則な生活を送っている

以上の項目に当てはまるのはいくつありましたか?

たくさんの項目に当てはまる方は不妊体質の可能性がとても高い方です。日常生活をこのような状態で過ごしている方は1つひとつ対策するよう心がけてみてはいかがでしょうか?


不妊と東洋医学

不妊治療と東洋医学東洋医学では不妊症のことを「不孕」「無子」「絶子」などといいます。これは数千年も前から使われていた言葉になり東洋医学で整体を用いて不妊整体を行ってきた長い歴史があることが認識できます。

数千年も前なので今とは違い当時はレントゲンや血液検査など十分な医療体制ができていない時代です。しかし、大昔でも東洋医学では不妊整体を用いて妊娠することができていました。これは、身体を様々な角度から体内バランスを分析し、証をたて、その証に対して不妊整体をしていたからです。

中国の古典医書『黄帝内経』には、『月事以時下、故有子』とあります。これは「月経周期が整えば、性腺・卵巣・子宮などの生殖器の活動が正常となり子供を授かる事が出来る」という意味です。これは、不妊整体で大切なことは「月経周期の乱れを調整すること」だと説明しています。

月経周期は月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つの周期から構成されます。そのため月経周期に異常がある場合は月経周期を整える必要があります。しかし、月経周期は正常でも、月経痛や月経血の量などの月経の質に異常がある場合はこれらも調整する必要があります。

正常な月経の場合、月経痛はなく、月経血の量も適量に排出されます。しかし、月経痛があったり、月経血の量が多い少ないなど、月経の質に異常がある場合も何らかの原因で体内バランスが乱れているので不妊整体で骨盤の歪みを調整し体内バランスを整えこれを改善することが早期に妊娠しやすい体質になると考えております。

東洋医学は「陰・陽」「気・血・津液」「五臓六腑」などで不妊体質を考えます。それぞれが調和していると健康な母体といえますが、これらが不調和だと不妊症になる可能性があります。

陰陽は陰が非活動的、陽が活動的という反対の性質をもっているため陰陽のバランスがとれていると健康が保てます。また氣・血・津液の氣は生命活動エネルギー、血は血液、津液は血液以外の水分のことをいいます。この氣がスムーズに循環すると血液がきれいになり水分代謝もよくなるため、このような状態でこれらが全身を巡っていると健康を維持することができます。

五行思想五臓六腑は五臓「肝・心・脾・肺・腎」六腑は「胆・小腸・胃・大腸・膀胱」になり、それぞれが調和して健康な状態を保っています。しかし、何らかの原因で五臓六腑が不調和になると妊娠に影響が起こります。

特に妊娠に影響があるのは五臓の「肝・脾・腎」のためこれらの力が不足していると不妊体質になります。

腎は生殖機能と関係します。「腎は精氣を貯蔵する」といわれ腎には先天の精(腎氣)という生まれもった元氣があり、成長・発育・生殖など人間の生命活動を維持する根源が納められています。

赤ちゃんの誕生には両親の腎氣が分け与えられ赤ちゃんが誕生しますが妊娠する時に両親の腎氣が不足していると赤ちゃんに分け与えることができず妊娠することができません。そのため赤ちゃんに分け与えるのに必要な腎氣は、両親の腎が正常に働き腎氣を納めていることが重要になります。

また人間の身体はこの腎によって健康管理されているため身体のバランスが崩れ体調が悪くなると、まず最初に大きく影響を受けて働きが悪くなる部分が生殖機能になります。そして生殖機能に影響が起こると生命力の低下や生殖機能の異常・生殖器の発育不全、早期の老化現象などが起こります。

腎氣は男女問わず生命力の源となるため人の成長の段階の目安になります。特に女性の腎氣は中国の古典医書『黄帝内経』という書物の中では腎氣の年齢的な変化について次のように述べています。

「七歳で腎氣の働きが活発化し歯が生え替わり髪も伸びます。14歳で生殖機能が満たされ天癸が充満し任脈と衝脈の流通が増進し月経が始まる。21歳で体格は頂点に達し、28歳で筋骨は充実して引き締まり毛髪は最も長く豊かになる。しかし、35歳になると陽明経脈の機能が衰え顔がやつれはじめ毛も抜け白髪が進行し、49歳で腎氣が衰えて天癸がつきて月経がなくなり子供も産めなくなり更年期になる」と記載されています。

つまり、生殖機能において腎は非常に大切であり、若いからといって飲食物の不摂生や不規則な生活環境などで腎の力が弱くなると生殖機能が衰え、次第に子宮や卵巣の機能が低下し、月経不順や無月経、無排卵、子宮内膜が薄い、着床しにくいなどの不妊体質になります。

東洋医学肝は「血を蔵する」といわれ血液の貯蔵や血液量を調節する働きをしています。また精神的状態にも関連しており、イライラや激怒など過度の怒りを繰り返すことによって精神的刺激を受けると身体の負担となって血液の循環や血液量に影響が起こります。

そして骨盤内に血液が届かなくなると子宮や卵巣の働きが悪くなり月経異常が起こります。さらに骨盤内の循環が悪くなると血液が滞り悪い血が溜まります。これを「於血」といいますが、この於血があると子宮内膜症や子宮筋腫、月経異常、無排卵、卵巣機能不全などが発症し不妊症を引き起こします。

脾は身体に必要な栄養分を飲食物から消化・吸収し、氣・血・津液をつくり全身に送る働きをしています。人は生まれた時に両親から腎氣を分け与えられますが、この腎氣は増やすことはできません。そのため、この腎氣を維持するために人は飲食物を摂取し補充しながら生命力を保っています。

脾の働きが悪いと氣血不足になり身体全体の機能が低下し月経不順になります。また脾の運化作用が低下すると痰湿が生じ、これが体内にあると老廃物が溜まり子宮や卵巣などの周囲の組織を覆い隠すため排卵障害などで多嚢胞性卵巣症候群を引き起こす可能性もあります。

さらに脾の働きが悪くなると腎氣を補うことができず生殖機能が低下し不妊症になるため脾の力を高める必要があります。

このように女性の月経や妊娠には五臓の中でも「腎・肝・脾」の体内バランスを調節することが重要です。そして、それぞれが調和されると全身の血液循環がよくなり身体機能が正常な状態にまで回復されると次第に母体が健康になり妊娠しやすい体質になります。

その結果、卵巣の状態が整い、良質な卵を育ち、受精卵が着床しやすい厚みのある子宮内膜ができ、さらに着床を維持できるようになります。そしてホルモンが正常に分泌され不妊整体の効果がより一層高まり1日でも早く赤ちゃんを授かることができるようになります。


不妊症の原因

不妊症の原因不妊症は「器質性不妊」と「機能性不妊」に分かれますが、原因が明確な不妊症を「器質性不妊」といい、原因不明の不妊症を「機能性不妊」といいます。

原因不明といっても病院で様々な検査を受けても異常がなく原因が特定できないだけで不妊の原因が全くないわけではありません。

東洋医学で不妊症は「腎」の不足と考えられています。腎は腎臓のことではなく生殖機能になります。その他に内分泌系、泌尿器、免疫系、中枢神経系も含まれています。そして生殖機能に関わりが大きい「腎」は妊娠・出産にとって非常に重要な役割をしています。

不妊治療の重要なポイントは本来、人間に自然に備わっている生殖機能を回復させるところにあります。そのため部分的な改善ではなく、目にみえない身体全体のバランスを整え生殖機能を高めていくことが必要なため腎の不足を鍼灸治療で補い不妊症を改善していくことが重要になります。

腎氣が不足することを腎虚といいますが腎虚だけが不妊症の原因ではありません。この腎虚に加えて「肝鬱」「血虚」「於血」「寒滞」「痰湿」などの様々な原因が重なり合って不妊症は引き起こされます。

それぞれの特徴として腎虚は生殖機能の低下、肝鬱は血液循環の低下、血虚は血液の不足、於血はドロドロの血液、寒滞は冷え体質、痰湿はネバネバした余分な水分が体内に溜まるなどです。これらの原因が加わり不妊体質を産みだすのです。それぞれの具体的な不妊症の原因はこちらを参考にして下さい。

当院の不妊整体はこれらの崩れた体内バランスを整え妊娠しやすい本来の身体を取り戻し、妊娠力を高めることを目的に行います。


不妊整体の目的

 不妊治療の目的当院の不妊整体の目的は体質改善です。何らかの理由により妊娠に対する準備が出来ていない身体を妊娠しやすい身体に改善します。つまり『母体が健康で妊娠しやすい身体作り』と考えております。

不妊症は赤ちゃんができにくい体質になっているのでこの体質改善をすることが不妊整体の目的になります。体質改善に必要な要因として当院では「血液循環の促進」「冷え体質の解消」「自律神経機能の回復」を整え妊娠しやすい体質作りを行います。

不妊の悩みは人それぞれ違い原因も様々です。そのため1人ひとり東洋医学的にその原因を総合的に分析しその人に合わせた不妊整体を行います。

1.血液循環の促進
 血液は酸素や栄養を全身に供給し老廃物を処理する役割があります。そのため血液循環が悪く血液を運ぶことができなくなると酸素や栄養を子宮や卵巣まで供給することができず卵子の質や子宮内膜の状態を悪くします。

また骨盤に囲まれた下腹部には子宮や卵巣があります。この骨盤内の筋肉や血管が硬いと骨盤内の血液循環が悪くなり血液によって運ばれる酸素や栄養は不足し、内臓の働きやホルモン分泌に影響します。

特に子宮や卵巣に対する血液循環は非常に重要です。血液循環が悪いと生殖機能の働き、つまり子宮や卵巣の働きが低下し受精卵がうまく着床できないまたは維持できなくなります。その結果、妊娠することができなくなります。なので、血液循環を促進し子宮や卵巣に十分な血液が供給できる体質に改善します。

2.冷え体質の解消
 冷えは「万病の元」と言われるように、冷えは血液循環、代謝、内臓や自律神経の働きを悪くさせ妊娠しにくい体質になります。冷えは東洋医学で陽氣不足で「陽虚」といいます。陽虚になると常に下腹部が冷たい、足腰が冷える、さらには手先足先までの全身が冷えている感覚になります。

冷えの自覚がなくても低温期の体温が36.0℃以下の場合は冷えの可能性があります。そのため身体が冷えているような状態では骨盤内の血流が悪く妊娠に必要な栄養分が運ばれず、さらに冷えてしまい子宮や卵巣の働きが機能低下することで妊娠しにくい身体になります。

3.自律神経機能の回復
 自律神経は内臓の活動やホルモンの分泌、血液循環などをコントロールしています。自律神経は交感神経と副交感神経に分かれており、これらの神経がバランスよく働いて身体をコントロールしています。しかし交感神経が優位だと身体は緊張状態になり内臓の活動やホルモン分泌、血液循環が悪くなります。

そして副交感神経の活動が弱く働いていると内臓活動の停滞やホルモン分泌の軽減、血液循環の抑制などが起こります。しかし自律神経のバランスがとれて副交感神経の活動が高まると、内臓の活性化やホルモン分泌の増加、血液循環の促進などが起こります。

その結果、質の高い卵胞を作るまたは子宮内膜を充実させ妊娠しやすい身体作りができます。そのため自律神経機能を回復しバランスを整えることは妊娠しやすい身体作りを行うためにも非常に重要な要素になると考えられます。自律神経を整え、ホルモンバランスを調節し、子宮内の血流を増加させて、質の高い卵胞が着床しやすい子宮内膜の環境に整えていきます。

以上の3点を目的に不妊整体を行っています。体質改善の場合、短い期間(1か月〜2ヶ月)では望む結果が現れないことがほとんどです。そのため、体質改善をする場合は通常、約6ヶ月ぐらいは必要になるとお考えください。


当院の不妊整体をお勧めの方

・基礎体温が不安定な方
広島の不妊治療の鍼灸治療のお勧めの方・黄体機能不全といわれた方
・生理痛や生理不順がある方
・原因不明の不妊症の方
・何度も体外受精を受けているが着床しない方
・冷えやむくみ、便秘がある方
・病院に半年以上通院しても、想うように結果が出ない方
・子宮内膜の厚さ・形状の改善
・お腹が硬く、冷たい方
・骨盤のゆがみがある
・寝ても疲れがとれない
・強いストレスがある方


当院の不妊整体の流れ

不妊整体は初めて受ける方が多いのではないでしょうか?
そのため色々不安や疑問があるかもしれません。

例えば
『不妊整体って一体どんな事をするんだろ?』
『どこで不妊整体は受けたらいいのだろう』
『施術はどんな手順でするんだろう?』って疑問や不安がありますよね。

初めて不妊整体をお受けになる前に安心して不妊整体が受けられるように不妊整体の基本的な流れをご説明します。

まず、初回体質診断を受けて頂きます。
初回体質診断についてはこちら

1.カウンセリング表に現在のお身体の状況を記入
 ※不妊整体では不妊症になった原因を把握することが必要です。
  そのため現在のお身体の状態についてできるだけ詳しくご記入ください。

2.オリジナルカウンセリング
  現在の身体の状態を詳しく聞いていきます。そして不妊症になった原因を探していきます。

3.不妊症の検査
  不妊症になった検査を行います。これは東洋医学的な不妊の原因を特定するために骨盤の歪み、身体の歪みの検査を行い不妊体質を判断します。

4.不妊整体前の説明
 カウンセリングと検査を総合的に分析した結果、何が不妊の原因なのかを説明いたします。そしてこれから行う施術内容や1人ひとりの症状に合わせた不妊整体の計画を説明いたします。この際は専門用語を使わず丁寧に分かりやすく説明いたしますのでご安心下さい。

不妊整体の施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。

5.不妊整体
 不妊整体というと、”ガツン”と衝撃を加えバキバキッと鳴らすようなイメージがあると思います。
当院ではそのような危険な不妊整体を行わず、ボキボキしない・力に頼らないソフトな整体矯正方法で不妊整体を行います。そのため、不妊整体が怖かった方でも安心して不妊整体を受けることができます。

6.不妊整体後の説明
 不妊整体後に日常生活の過ごし方、気を付ける事、今後の施術間隔など不妊体質を改善していくための計画についてご説明いたします。

これまでの流れでわからないことがあればお気軽にご質問ください。


当院で不妊整体を受けるメリット

1.身体の状態がわかります。
「不妊症の原因が何なのか」がわかり現在の身体状態がどのようになっているかわかりやすく説明します。

2.最新の不妊整体
 経験豊富な不妊整体と共に常に臨床検証し効果的な方法を考えております。さらに中国古典や外部のセミナーで新しい知識と技術を習得していますので最新のより良い効果的な不妊整体を受けられます。

3.アフターフォローが充実 
不妊整体を受けても日常生活では何に気を付ければいいのだろうっと考えている方が多くいます。不妊体質が起こる原因は食事や睡眠時間、ストレスなど日常生活の乱れた習慣から起こります。そのため不妊体質を回復するには良い日常生活を習慣化することが大切になり施術が終わっても一定の期間は身体と向き合い注意することが必要になります。

当院では施術による効果の維持と再発を防ぐために1人ひとりにあった生活習慣の指導を行っております。

4.国家資格所持者による不妊整体
 国家資格所持者による不妊整体です。他院では残念ながら無免許施術を行わせている鍼灸整骨院が多い中、当院では全て国家資格所持者による施術を行っています。その為不妊整体を安心して受けることができます。

5.個別対応します。
流れ作業やマニュアル化された不妊整体を行うのではなく、その方の症状に合わせた施術を受けて頂くことができ1人ひとりの問題に対して真剣に対応し症状の根底から不妊体質を改善し最適な不妊整体を受けて頂くことができます。


不妊整体の西洋医学と東洋医学の違い

 西洋医学では身体に現れる症状や各種検査の結果によって病気を特定します。そして、その症状に対して手術や薬を用いて改善していきます。しかし検査をしても異常がない、具体的な症状や病名がない原因不明の場合は適切な処置ができない事があります。そのため西洋医学は症状に対して対処的に行うのが特徴だと考えられています。

東洋医学では身体に現れている自覚症状や皮膚の色、お腹の張り、舌や脈状などの他覚的症状から全体的に身体の状態を分析し把握することができます。そのため原因不明で病名が特定できなくても、さまざまな角度から分析した結果から証をたて、その証に対してアプローチすることで体調を整える事ができます。

そして東洋医学の不妊整体は体内バランスを整えて自然治癒力を高める事が特徴だと考えられています。そのため不妊整体は1人ひとりの身体に合った証をたて自然治癒力を効果的に引き出すのが特徴になります。

西洋医学と東洋医学はそれぞれ特徴が異なります。そのため、どちらの医学が優れているあるいは正しいとか間違いということはありません。西洋医学と東洋医学のそれぞれの良い特徴を生かした部分を取り入れることでさらに不妊整体の効果が高まると考えられます。

高度生殖医療と不妊整体の併用

体外受精・顕微授精の高度生殖医療を行い、なかなか想うような結果が出ない方が多くいらっしゃいます。これは子宮内膜の状態が悪く、着床困難な状態で人工授精・体外受精・顕微授精を行っても、着床率は決して高くありません。そこで高度生殖医療と不妊整体の併用が重要になってきます。

不妊整体は、近年多くの高い実績が出てきています。ひとつの有名なデータとして「高度生殖医療を受けた女性が、24時間以内に鍼灸治療を行った場合、鍼灸治療を受けなかった女性と比べて、妊娠する確率が65%も高くなった。」(2009年度:英国医師会誌)が紹介しています。

実際、体外受精・顕微受精の高度生殖医療の妊娠成功率は、20〜30%といわれています。それが高度生殖医療と不妊整体を併用した場合は妊娠する確率が一段と高くなるのです。

 また妊娠は毎月に1度しかチャンスがありません。そのため年齢的な問題や想うような結果がでない不安や焦りからストレスが発生します。このストレスが身体バランスを崩す要因になり、ここから影響を受けるのが生殖機能です。そのため、数回のチャンスしかない妊娠は身体バランスをしっかり整えてから人工授精や体外受精を行うことで着床の確率が高まります。

 このように不妊整体は高度生殖医療と併用することで妊娠率を高めることができます。不妊でお悩みの方は一度ご相談ください。


不妊整体Q&A

.不妊整体でどれぐらいで妊娠できますか?
.よく頂く質問ですが、これは人によって様々です。当院の不妊整体の経験から約6ヶ月くらいの施術は必要になります。これは不妊体質から妊娠体質に変わるまでに必要な期間です。妊娠率を高めることが不妊整体の目的になるため確実に妊娠できるということではありませんのでご了承ください。

.不妊整体は痛いですか?
.不妊整体というと、”ガツン”と衝撃を加えバキバキッと鳴らすようなイメージがあると思います。
当院ではそのような危険な不妊整体を行わず、ボキボキしない・力に頼らないソフトな整体矯正方法で不妊整体を行います。そのため、不妊整体が怖かった方でも安心して不妊整体を受けることができます。

.不妊整体はいつから行けばいいの?
.どのようなタイミングからでも大丈夫です。生理痛やPMSがひどい方は痛みの軽減が出来ますので生理中でもご来院いただいても構いません。低温期は良質な卵を育て高温期は子宮内膜の状態を整え受精卵が着床しやすい、または維持できるなどといった状況に合わせた不妊整体をさせていただきますので「不妊整体を受けてみよう」と思われた時からご来院ください。

.不妊整体に通う施術間隔は?
.不妊の体質や流産の経験、その時の健康状態、人工授精、体外受精など高度生殖医療を行う時期などによって治療の間隔は異なります。多くの方は週に1回が基本として、その時の状況により週に1〜3回くらいになる場合があります。施術間隔については不妊整体の際に詳しくご提案します。

.不妊整体の施術時間はどれぐらいかかりますか?
.施術時間は40分前後です。初めての方は体質など今の健康状態を把握していくため約60分〜90分のお時間が必要になりますので時間に余裕をもってご来院ください。

.病院との同時通院は可能ですか?
.同時通院可能です。

.不妊整体に副作用はないのですか?
.不妊整体に副作用はないと考えています。実際にこれまで副作用が出た事はありません。

不妊鍼灸専門サイトはこちらへ


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス