ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

月経困難症

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-225-6181

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

月経困難症dysmenorrhea

月経困難症

月経が起こる初期の段階で下腹部に激痛や腰痛を感じ、身体を動かすことができず、仕事や学校、プライベートの用件をキャンセルなどして日常生活に支障をきたしたり、激痛のために薬を服用しなければならない状態を月経困難症といいます。

月経困難症は通常、排卵の起こる月経周期に起こります。そして、中には妊娠・出産をした後で月経困難症の症状が軽くなることがあります。

月経困難症は機能性月経困難症と器質性月経困難症に大きく2種類に分類されます。機能性月経困難症は月経困難症の原因となる疾患が認められないことをいい、器質性月経困難症は原因となる疾患が存在する場合です。

機能性月経困難症の主な要因としあげられるのはプロスタグランジンというホルモンの影響で起こります。月経時に子宮内膜でプロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンが分泌されます。そのため子宮は強く収縮が起こり下腹部の激痛や腰痛などの月経困難症の症状が生じます。

またプロスタグランジンの他に心理的、子宮収縮因子などの複数の要因が重なりあってお互いが影響しあうと激痛が起こる場合もあります。これによって月経時の激痛でつらく、苦しみなどが原因で精神的に不安定な状態になりさらに痛みを増加させることもあります。

次に器質性月経困難症の主な要因として子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍などがあります。月経時に寝込むような激痛が長年続き、これが次第にひどくなってくる場合は子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫が原因で激痛が起こっている場合ものあるので、激痛が続くようであればまずは検査が必要になっています。

薬の服用でごまかしたり、この激痛を我慢して放置したままにすると不妊症の原因になります。早めの対処が必要になってきます。

月経困難症の代表的な症状として下腹部痛や腰痛があります。その他の症状として貧血や下腹部の膨満感、吐き気、頭痛が起こることもあります。

このような月経困難症は骨盤が歪みホルモン分泌のバランスの乱れや骨盤内の血液循環の低下、自律神経の乱れなどが起こると発症しやすくなります。そのため、骨盤の歪みがある場合は骨盤の歪みを整えておくことをお勧めいたします。


ハルモニア鍼灸整骨院のご予約

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL.082-225-6181
Mail.info@nakatomo-shinkyu.com
→アクセス