ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

偏平足 開帳足 広島 広島市中区 治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

偏平足・開帳足flatfoot・spread foot

偏平足・開帳足の治療

偏平足・開帳足は足裏の構造が崩れることで起こります。そして偏平足は土踏まずがない足の状態、開帳足は足の横幅が広がった状態です。人の足裏は骨や靭帯、筋肉によって構成されています。そして、これらの構造が足裏のアーチを作って足裏を構成していますが偏平足や開帳足はこの構造が乱れているのです。

このアーチは3つから構成されています。まず縦アーチを構成するのは内側にある内側アーチ、外側にある外側アーチです。そしてさらに足の前方にある横アーチがあります。

この3つのアーチが正常に機能することで体を正常に保つことができます。アーチの役割として身体の安定性と歩行時の衝撃を吸収、バネの役割で足を蹴り出す力などがあります。

しかし、この3つのアーチを構成する骨や靭帯、筋肉に何らかの異常が起こるとアーチが崩れてしまいます。内側のアーチがなくなり土踏まずの部分がない状態を偏平足といます。そして、横アーチがなくなった状態を開帳足といいます。偏平足・開帳足から重心が乱れた足は外反母趾に進行していきます。

偏平足になる原因
特に内側のアーチが低下することが偏平足になります。内側のアーチが歩き方、重心の乱れ、足の機能障害などによって内側アーチの筋力低下が起こり偏平足になります。

また子供の偏平足は筋肉や靭帯、骨などがまだ未熟なために偏平足になっています。これは成長にともなって骨や靭帯、筋肉がしっかりしてくると自然と改善します。

開帳足になる原因
開帳足になる原因は横アーチの異常によって起こります。歩き方や重心の位置が乱れ、靴の影響などで横アーチの筋力低下が起こると次第に足の横幅は広がっていき開帳足になります。

偏平足・開帳足の症状
偏平足や開帳足になると身体の安定性が保てずバランスを崩しやすくなり足首や膝の痛み、大腿部や下腿部の痛み、肩こり、腰痛、頭痛などが起こることがあります。

また歩行の際、地面からの衝撃を吸収できないので足の痛みや疲労、むくみがでたりします。そして、足の踏ん張る力が弱いので地面を力強く蹴り出すことができないため、走る・歩くなどの動作が遅くなります。

偏平足・開帳足は1日でも早く改善するようにしましょう。


偏平足・開帳足の施術料金

足の骨格矯正とテーピング治療を行います。このテーピング治療は、足を矯正する目的と共に体重の掛かり方を改善していくことにより、より早く偏平足・開帳足が改善することが目的です。

偏平足・開帳足の治療
初回偏平足・開帳足治療 5400円
2回目以降       3240円

※男性は骨格の大きさや筋肉量が多いため1080円が別途必要になります。
※テーピング治療によって、かぶれてしまう事があります。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス