ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

椎間板ヘルニア治療 広島 広島市中区 整体

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

椎間板ヘルニア治療lumber vertebrae herniated disk

椎間板ヘルニア治療

『椎間板ヘルニアの痛み、しびれを解消しませんか』

広島の椎間板ヘルニア治療について『椎間板ヘルニアからの痛みですね』『椎間板ヘルニアだけど様子をみましょう』『椎間板ヘルニアの手術をしましょう』など腰痛で医療機関で検査をしてもらうと「椎間板ヘルニア」と言われた経験はありませんか?

そして、椎間板ヘルニアと聞いて落ち込んでいる方や痛みやしびれを必死に我慢しながら日常生活を過ごしていませんか?

椎間板ヘルニアの痛みやしびれは手術しなくても症状の軽減や消失することはご存知でしょうか?

急性期の椎間板ヘルニアの痛みやしびれは椎間板の損傷による炎症から起こります。しかし、急性期を過ぎても痛みやしびれが続く場合は椎間板の損傷による炎症の痛みだけではないと考えられます。

椎間板が損傷すると組織の回復が行われる際に痛みを伴います。そして、組織の回復が終わると痛みは軽減し消失するからです。

そのため椎間板ヘルニアの痛みやしびれが急性期を過ぎても残っている場合は他に原因があると考えられます。この原因として考えられるのが骨盤や背骨などの身体のゆがみによる筋肉バランスの乱れや神経の圧迫・損傷です。

椎間板ヘルニアは起こった結果であり原因は他に考えられるのです。つまり、その原因を改善しなければ痛みやしびれが解消することはありません。

当院で考える椎間板ヘルニアの痛みやしびれの解消は次の2つを改善させることです。

1、『筋肉のバランスを整える』

2、『骨盤や背骨のゆがみを改善し身体バランスを整える』

この2つを改善させることでつらい椎間板ヘルニアの痛みやしびれを軽減・消失します。椎間板ヘルニアの痛みやしびれなどの症状が『治らない』とあきらめる必要はありません。


椎間板ヘルニア治療は広島市中区の当院にお任せください。

初回の椎間板ヘルニア治療後から『椎間板ヘルニアの痛みやしびれが変化し、椎間板ヘルニア治療の効果がわかる』と84%の方が実感できる広島市にある当院の椎間板ヘルニア治療の整体療法・鍼灸治療。

これまで様々な椎間板ヘルニアの原因と症状を改善してきた臨床経験から様々な相談を受け、当院の椎間板ヘルニア治療によって多くの症状を解消するとともにたくさんの笑顔やお声、喜びを感じてきた広島の椎間板ヘルニア治療の専門家に一度ご相談ください。

広島の椎間板ヘルニア治療前の悩み椎間板ヘルニアにこんな悩みがある・・・
 『腰痛で仕事にならない』
 『朝起きるたびに腰に痛みがある』
 『腰痛が怖くて思いっきり動くことができない』
 『このままずっと痛みとしびれに付き合わなければならないのか』
 『最近、腰痛がひどくなってきた』   など・・・

このような時にはぜひ広島市中区のハルモニア鍼灸整骨院にお越しください!

国家資格を持った経験豊富な椎間板ヘルニア治療のプロスタッフが誠実に対応いたします。プロの施術によって安心・安全・丁寧に椎間板ヘルニアを根本から改善をサポートします。

広島の椎間板ヘルニア治療の効果椎間板ヘルニア治療後・・・
 『朝起きるのが楽になった』
 『すごい!?今まで腰が痛かったのがなくなった』
 『腰痛がないので外出するのが楽しくなった』
 『座ったまま・立ったままでも腰痛を感じなくなった』
 『腰痛がないのでぐっすり眠れるようになった』  など・・・

お喜びの声も多数頂いております。

『骨には異常がない』『様子をみましょう』とレントゲンやシップ・薬など西洋医学的な治療では無理と言われ諦めていた方の症状が当院の椎間板ヘルニア治療によって改善する事も多くあります。

あなたの症状に応じて整体療法や鍼灸治療、テーピング療法などを使い椎間板ヘルニアを改善しています。

もし不安や心配・疑問なことがあればご遠慮なくお気軽にお伝えください。できる限りご要望に応じて施術を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう!


椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアはいきなり起こると考えている人が多いです。ですが、椎間板ヘルニアがいきなり起こることはありません。椎間板ヘルニアは椎間板に持続した圧力が長期間加わることで線維輪が損傷し髄核が外へ脱出して発症します。

椎間板ヘルニアが起こる大きな原因は骨盤や背骨のゆがみなどの身体バランス崩れからだと当院は考えています。身体バランスが崩れたまま日常生活を過ごしていると椎間板にかかる圧力がアンバランスになるため外にはみ出してしまうのです。

椎間板ヘルニアの原因また椎間板の老化によって弾力性が低下すると椎間板ヘルニアが発症します。

椎間板ヘルニアは様々な状況でおこるのでそれぞれご紹介いたします。

1.長時間、座った姿勢が続く
 座った姿勢は椎間板にかかる負担は大きいです。座っていると楽な姿勢になっているように感じますが、実際はこの座っている姿勢が椎間板にかかる圧力が大きいため椎間板ヘルニアが起こりやすいのです。さらに真正面を向かずに体を捻ったまま斜めに向いて座っていると負担は増大します。

2.姿勢が悪い
 姿勢の悪さは椎間板に強い負荷をかけます。正常な姿勢に対して耐えることができますが、骨盤や背骨がゆがみ椎間板にかかる圧力が変わると外にはみ出してしまうことになり椎間板ヘルニアが起こるのです。

3.体をひねる激しい運動
 体をひねる激しい運動は椎間板に非常に大きな負担がかかります。例えばバスケットボールやゴルフなど体を捻りながら運動することは縦の圧力や横の圧力など様々な方向からの圧力が椎間板にかかるためこれがとても強いストレスとなり椎間板ヘルニアが発症するのです。

4.頻繁に重たいものを持ち上げる
 1日に何度も重たいものを持ち上げる作業を繰り返すと腰に非常に強い負荷がかかります。椎間板は椎骨と椎骨との間にあります。重たい物を持ち上げる時に腰の筋肉は緊張するため椎骨の間が狭くなります。すると椎間板にかかる負荷が強くなります。これが繰り返し行われると損傷するようになるのです。

5.椎間板の老化
 椎間板は水分を大量に含んだゼリーのようなものです。これは20歳を過ぎた頃から徐々に水分が少なくなってくるため弾力性を失います。この弾力性を失うと、少しの衝撃や圧迫に対する抵抗力が落ちるため椎間板ヘルニアが発症してしまいます。


椎間板ヘルニアと腰痛の関係

 椎間板ヘルニアと腰痛は関係していると考えている方が多いかもしれません。しかし、当院では椎間板ヘルニアが直接的な原因ではないと考えています。

 急にでた痛みの場合、椎間板が損傷しています。そのため椎間板周辺の組織で炎症が起こり痛みやしびれがでます。つまり急な激しい痛みやしびれの場合は椎間板ヘルニアによって起こったと考えられます。

 しかし、このような急は痛みやしびれは1か月経過すると軽減します。ですが、1か月以上経過して椎間板ヘルニアの痛みやしびれが残っている場合は椎間板ヘルニアが原因で引き起こしている痛みやしびれではないと考えています。

 なぜなら、今までの椎間板ヘルニア治療例でもご来院された方が『椎間板ヘルニア』と言われた方が当院の椎間板ヘルニア治療を行い痛みやしびれが軽減し、そして再び医療機関で検査を行うと椎間板ヘルニアの変化がなかったということが判明しました。

また、椎間板ヘルニアが存在する背骨に対してアプローチを行わず、骨盤矯正や股関節矯正、下肢の筋バランス調整だけを行った結果、症状が軽減したことがよくあります。

立つ、座るなどの姿勢で痛い時と痛くない時はありませんか?
お風呂上がりには痛みが軽減していませんか?

これらの状況において痛みが変化するのは椎間板ヘルニア自体が痛みの原因ではない証拠であると考えています。


椎間板ヘルニアとコルセットについて

『椎間板ヘルニアはコルセットで大丈夫だろう』と考えている方がいます。コルセットをすると腰が軽く感じられ「効果があるのでは!?」と思うかもしれません。しかし、コルセットは一時的な症状の軽減であり椎間板ヘルニアを改善する根本的な治療法ではありません。

コルセットを使うと腰の安定性が増すため日常生活の動きが楽になります。そのため仕事や家事、趣味など日常生活のあらゆる場面でコルセット使用したまま過ごしている人が多いかもしれません。

でも、コルセットを使用しても痛みやしびれが改善しない、あるいはコルセットを使用した後に体に違和感があるなどの経験はありませんか?「腰が重たい」「お腹が冷たい」「身体が重たい」「足がむくむ」などの身体の異常を感じたかもしれません。 

これはコルセットを装着することで筋肉の弱り、血液循環の低下などが起こっているからです。筋肉に血液が届かなかれば筋肉は発達しません。さらに筋肉は長時間圧迫されると弱くなりやせ細くなります。

すると体を支えている筋肉が弱くなったために、身体を支えることができなくなり椎間板ヘルニアが進行する可能性があります。激しい痛みやしびれ、あるいは突然の強い症状が出た場合を除き、コルセットはしない方がいいと当院では考えています。


椎間板ヘルニアに手術は必要なの?

『ヘルニアだから手術をしましょう』と言われた経験があるかもしれません。

突出した椎間板ヘルニアは正常な位置に戻ることはありません。そのため、外に突出した椎間板ヘルニアは手術によって切り取るしかありません。

ですが、手術を行い外に突出した椎間板ヘルニアを切り取ったとしても痛みやしびれが残る場合があります。これは痛みやしびれの原因が椎間板ヘルニアからではないことが考えられます。椎間板ヘルニアはレントゲンにうつる現象であって多くは原因ではありません。

椎間板ヘルニアの手術をして痛みやしびれが残っている人が少なくはありません。このような人の多くは痛みやしびれを軽減あるいは消失したいと考えているのではないでしょうか?

たとえ椎間板ヘルニアだったとしても痛みやしびれがなく日常生活が普通に過ごせることができれば問題がないのではないでしょうか?

このような考えであれば手術は必要ないと考えています。

世界の統計においても椎間板ヘルニアに対して保存療法を行い、多くの人が痛みやしびれなどが軽減または消失しているといわれています。さらに、手術をして痛みやしびれが再発した結果も多くみられています。そして、椎間板ヘルニアが出ている人でも痛みやしびれが出ていない人が多いのが現状です。

このような理由から椎間板ヘルニアだからといって手術をする必要はないと考えられます。当院は手術をしなくても痛みやしびれなどの症状は改善できると考えております。

しかし、手術が必要な場合もあります。「膀胱・直腸障害」「持続的な強い痛みやしびれ」「下半身に力が入らず歩けない」「症状が3ヶ月以上全く改善しない」などの症状がみられる場合は手術が必要だと考えております。


椎間板ヘルニア治療の目的

当院での椎間板ヘルニアに対する治療目的は2つあります。

 1.今の『痛み』や『しびれ』などの不快な症状を取り除きます。

 2.再び椎間板ヘルニアの症状が出ないように再発しない身体つくりをする。

以上の2つを考え椎間板ヘルニアに対して治療を行っています。

まず、痛みやしびれを取り除くように施術を行います。急性期の激しい痛みやしびれの場合、炎症が強い為RICE処置や鍼灸治療などを取り入れて痛みやしびれを軽減します。

次に痛みやしびれが軽減したら、整体療法や鍼灸治療、整骨矯正などを様々な施術方法を行い、1人ひとり症状に合わせた椎間板ヘルニア治療を行います。

このような椎間板ヘルニア治療の手順によって痛みやしびれを取り除き、これらの症状が再発しないお身体作りをします。


当院の椎間板ヘルニア治療の流れ

『椎間板ヘルニア治療ってどんな事をするんだろう?』
『施術はどんな手順でするんだろ?』って疑問や不安がありますよね。

初めて椎間板ヘルニア治療をお受けになる前に、安心して椎間板ヘルニア治療が受けられるように基本的な流れをご説明します。

1.カウンセリング表をご記入して頂きます。
カウンセリング表には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。『このような症状がある』『こんな症状もでている』などできるだけ細かい情報を多く正確に頂ければその分改善までの時間が早まります。

2.オリジナルカウンセリング
記入していただいたカウンセリング表をもとにカウンセリングを行います。

カウンセリング例として
『現在、どのような状態ですか?』
『どのような時に痛みを感じますか?』
『痛みを感じた時から比べて症状はいかがですか?』
などをお尋ねします。

このカウンセリングによって原因と症状把握、施術計画を立てます。

3.各種検査
 椎間板ヘルニアの場合には、解剖学的・運動学的に分析し今現在の状態を把握し仮説をたてます。その仮説に基づいて検査を行います。椎間板ヘルニアの場合であれば、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛、筋筋膜性腰痛症など多くの疾患の鑑別が必要となります。的確に判断いたしますのでお任せ下さい。

4.説明
 カウンセリングや各種検査をもとに、これから行う治療内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

5.椎間板ヘルニア治療
 椎間板ヘルニア治療というと、グイグイ押さえつけられるようなイメージがあると思います。
当院ではそのような危険な治療を行わず、ソフトな治療法で椎間板ヘルニア治療を行います。そのため、椎間板ヘルニア治療が怖かった方でも安心して受けることができます。

6.治療後の効果測定
 ソフトな施術で、施術前と施術後の変化をすぐに体感できるため椎間板ヘルニア治療を受けた多くの人が喜んでいます。椎間板ヘルニア治療では、様々な原因や症状に対応しております。

7.説明
施術後に、日常生活での注意点や今後の治療方針、治療計画についてご説明いたします。

これまでの流れでわからないことがあればお気軽にご質問ください。


当院で椎間板ヘルニア治療を受けるメリット

1.痛みやしびれの原因がわかります。
 体の状態が、どのようになってるか原因をわかりやすく説明します。

 椎間板ヘルニアの場合、痛みやしびれの原因を”椎間板ヘルニアから”と決めつけてしまう事が多くあります。当院ではそのようなことはせず、痛みやしびれの原因となっている部分を追究していきます。そして、その原因から施術を行うことで早期回復することができます。

2.最新の椎間板ヘルニア治療
 経験豊富な椎間板ヘルニア治療と、最新の整体療法や鍼灸治療の学術参加、そして臨床経験の分析によって最新の効果的な施術を提供します。

3.アフターフォローが充実
椎間板ヘルニア治療後も日々の姿勢やバランスなどのケアが大切になります。そのため、治療が終わっても一定の期間はご自身の身体と向かい合い注意することが必要になります。当院では持続した治療効果と再発防止のために1人ひとりにあったトレーニングやストレッチ体操などの指導も行っております。

4.国家資格所持者による椎間板ヘルニア治療
当院では、椎間板ヘルニアの治療にあたるスタッフは全て基礎医学である解剖学・生理学・運動学などを熟知し、臨床でも必要な知識を勉強した医療系の国家資格所持者です。無免許や経験の浅い施術などの危険はありません。

5.姿勢を考えた椎間板ヘルニア治療
椎間板ヘルニアの痛みやしびれを改善するためには、正常な姿勢が必要になります。当院では、椎間板ヘルニアの治療を行うにあたって正常な姿勢、さらに重心バランスの改善を考慮しながら治療を行っています。

6.椎間板ヘルニア治療に痛みはほとんどありません。
当院が行う椎間板ヘルニアの治療は、ボキボキしない・力に頼らないソフトな施術なため身体に負担がない施術方法で行っています。そのため施術に不安がある人でも安心して椎間板ヘルニア治療を受けて頂くことができます。

8.トータルケアを行っています。
 当院の椎間板ヘルニア治療は整体療法や鍼灸治療、整骨療法、テーピング療法などそれぞれの症状に合わせたトータルケアを行い効果的に改善し早期回復を目指します。。

9.高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体などの座学・院外研修を行っています。


椎間板ヘルニア治療の施術料金

整体療法
 筋肉のバランスだけでは改善しにくい椎間板ヘルニアを根本から改善します。

初回整体療法 7560円
2回目以降  5400円

治療内容:筋肉バランスの改善治療と共に、椎間板ヘルニアになった原因とも考えられる背骨や骨盤の歪みを矯正します。

鍼灸治療
『短期間で今現在の腰痛を改善していきたい』という方にお勧め

初回鍼灸治療 7560円
2回目以降  5400円

治療内容:腰の痛みを短期間で和らげるために鍼灸治療を行います。

総合治療
整体療法と鍼灸治療を行います。総合治療で症状を徹底的に改善します。

初回総合治療 12960円
2回目以降  10800円

治療内容鍼灸治療で腰部の筋肉バランスを改善します。そして、背骨や骨盤の歪みを矯正します。

※この3つの治療メニューからお選びいただきます。
※『どの治療法がいいかわからない』という方はお気軽にご相談ください。
※男性は骨格の大きさや筋肉量が多いため1080円が別途必要になります。


椎間板ヘルニア治療院の選び方のポイント

椎間板ヘルニアの治療を受けたいと思われている人に治療院の選び方の説明です。

椎間板ヘルニア治療に関して、整体療法や鍼灸治療など国家資格があれば誰でも治療ができると思われるかもしれませんが、実際はそのようなことはありません。

 現在、鍼灸整骨院の業界は学校を卒業し国家試験に受かれば国家資格を取ることができます。しかし、学校での座学や研修のみで臨床経験が全くなく患者さんに椎間板ヘルニア治療を行ったことが1度もない施術者もいるのが現実です。

そのような中、一部の不勉強な者たちが、鍼灸治療を受けたいと治療に来た患者さんの身体に間違った治療をしてしまったり、治療院業界に不信感を抱かれる行為などをしたりしています。

現に当院にも、過去に他院で間違った治療をされ、不快な経験をした患者さんが来ることがあります。

当院だけがプロの椎間板ヘルニア治療の治療院ではありません。他にもプロの治療院はたくさんありますが、そうではない治療院も多いのが現状です。

納得がいかない治療をされたときや説明を全然してくれないなどの時には他の治療院を探してみることをお勧めします。


椎間板ヘルニア治療がご希望の方へ

椎間板ヘルニアの痛みやしびれの改善期間はどれくらいとはいえません。なぜなら、痛みやしびれの強さ、症状がある期間、日常生活の動作、来院頻度などが症状や生活スタイルなどが大きく影響するからです。

これまでの施術経験から週に1〜2回治療した時の平均的な症状緩和期間は4〜6ヵ月です。軽度の痛みやしびれであればこれより早く回復し、激しい痛みやしびれがある人はこれよりも回復期間がかかります。

しかし、椎間板ヘルニアに最も必要なのは予防することです。痛みやしびれが改善したと思っても、「椎間板ヘルニアが治った」と考えてはいけません。姿勢が正常な状態になりバランスが安定してから初めて痛みやしびれがでない状態と考えられます。これには日々のメンテナンスを行い予防することが大切です。

お断りします
椎間板ヘルニアだから『腰をマッサージして』『だるいからさっさと揉んで』など慰安的な行為は行っておりません。そのため、慰安目的でご来院頂いた場合は椎間板ヘルニア治療はお断りさせて頂きます。

当院は『痛み・辛さを解消しあなたの望むライフスタイルの実現』を目的に椎間板ヘルニア治療を行っています。そのため当院は、『治りたい』という方を優先的に誠心誠意、施術していきます。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス