ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

皮膚

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-225-6181

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

皮膚についてskin

美容鍼の皮膚について

皮膚は3層構造からできています。外側から表皮、真皮、皮下組織の順に層が重なりあって皮膚を構成しています。皮膚は一定の厚みを持っており、真皮から表皮に向かって常に新陳代謝を繰り返して、皮膚の鮮度を保っています。上質な肌を蘇らせるのに大切は層は『真皮』で若々しい肌になるための最も重要な部分です。

この真皮は表皮の下にある厚い層で皮膚の潤いやハリ、弾力はここが支配しています。この真皮には繊維芽細胞という司令塔があり、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを作っています。ヒアルロン酸は肌の潤い、コラーゲンとエラスチンは肌のハリと弾力を関係しています。

そのためエステや器具、化粧品では届かない刺激を美容鍼では表皮の下にある真皮に直接、刺激を加えて働きかけることができるので肌の内側からどんどん肌質をキレイに変化させることができるのです。

つまり、顔の表皮にヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合された肌にいいと呼ばれる美容液でお肌の手入れをしていても真皮にまで浸透することができないため美容効果がわずかしかありません。

皮膚の外側にある表皮は有害物質が体内に侵入しないように頑丈なバリアの役割をしているため最も重要な真皮への刺激は美容液やエステのマッサージでも届きません。そして美容液を肌につけてお肌が潤った感じを多くの人が経験しているかもしれませんが、これはただ表皮が潤っただけで肌の保水力のある真皮にまでは届いていないので潤いやハリ、弾力のある肌にはなれません。

また、肌はターンオーバーといって、皮下組織から真皮、表皮と深層から表層に向かってどんどん新しい細胞が産まれるので、古い細胞は表皮から「垢」となって身体から出ていきます。この時、真皮の働きが悪く、細胞を活性化させる力がないと、新しい細胞を産むことができなくなるので古い細胞から新しい細胞へと十分に変わることができず皮膚が薄くなり、潤いやハリ、弾力のない悪い肌ができてしまうのです。


ハルモニア鍼灸整骨院のご予約

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL.082-225-6181
Mail.info@nakatomo-shinkyu.com
→アクセス