ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

膝 痛み 治療 広島 広島市中区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

膝の痛みknee pain

膝の痛み治療

『膝の痛みを改善し、いつまでも自分の足で歩けるようになりませんか?』

広島の膝の痛み治療について膝の痛みで悩んでいる方は多くいます。

そして膝の痛みをレントゲンで検査しても「骨には異常はありません」「歳のせいだから」「手術をしましょう」などと言われ、どうしたらいいのかわからないまま膝の痛みを放置、あるいは痛み止め、シップを貼って過ごしている方がほとんどではないでしょうか?

ここで、膝の痛みについて考えて頂きたいことがあります。

それは膝の痛みが起こるのは骨だけではないということです。レントゲンは骨の異常を調べるための機械で筋肉や靭帯、半月板などの膝周辺組織の状態はわかりません。

そのためレントゲンで検査を行い異常なしと言われた時は『骨に異常がありません』ということになります。膝は複数の骨で構成されています。大腿骨・脛骨・膝蓋骨の骨から構成されており、これらの骨に異常がないだけです。”膝周辺組織”である筋肉や靭帯、半月板などは異常があってもレントゲンではわかりません。

膝の痛みを改善するためには膝関節を考えるより膝周辺組織の状態を考える必要があると当院では考えて膝の痛み治療を行っています。

膝の痛みで『膝の曲げ伸ばしができない』『歩くと膝が痛い』『正座ができない』『階段の昇り降りで痛みがでる』など、膝の痛みから日常生活を不自由に過ごしている方が少なくはありません。

膝は上半身を支え、座っている時や立っている時、走っている時、歩いている時などに膝の曲げ伸ばしの動作を繰り返したり、常に体重がかかるため頑丈にできています。

広島の膝の痛み治療についてそして、膝は筋肉や靭帯、半月板、関節包、滑液などによって安定性、膝の曲げ伸ばし、滑らかな動き、衝撃の緩和などの役割をして膝関節や膝周辺組織に過剰な負荷がかからないようになっています。

しかし、膝が何らかの原因で損傷すると膝の痛みが引き起こされます。膝の痛みは軽度な症状から重度な症状まで進行します。 

軽度の膝の痛みは膝の違和感や感じる程度のため様子をみて放置したままにしていることが多いです。そして、中程度の膝の痛みになってくると、歩く時や階段の昇り降りなどで膝の痛みが起こります。

そして膝が腫れ、熱をもち、水が溜まったりなどの症状が起こり膝の動きに制限が起こります。また軽度の膝の痛みよりさらに痛みが増強します。

そして、重度の膝の痛みになってくると膝の痛みが増強しさらに膝の変形が起こり歩くことや正座ができなくなり日常生活を自由に過ごすことができなくなります。

膝が痛くなるには原因があります。そのため膝の痛みが起こった原因を明確にし、その原因から膝の痛みを治療すれば膝の痛みは解消することができます。当院では膝の痛み治療についてこのような考えで行っております。

膝の痛みを感じたら1日でも早く膝の痛み治療を開始するようにしましょう。 


膝の痛み治療は広島市中区の当院にお任せください。

初回の膝の痛み治療後に『膝の痛みが変化し、膝の痛み治療の効果がわかる』と94%の方が実感できる広島市にある当院の膝の痛み治療。

広島の膝の痛み治療前の不安について膝の痛みでこんな不安が・・・
 『膝の痛みで歩くことができない』
 『階段の昇り降りがつらい・・・』
 『膝が曲がっている気がする』
 『正座ができなくなった』
 『膝の痛みは手術しかないのか・・・』など

これまでに膝の痛みからくる多くのお悩み・相談を受け、膝の痛み治療によって症状の改善とともに、たくさんの喜びの笑顔を見てきた広島の膝の痛み治療の専門家に一度ご相談ください。

膝の痛み治療を受けると・・・
広島の膝の痛み治療後について『膝の痛みなく歩けるようになった』
『階段の昇り降りが楽になった』
『外出する機会が増えた』
『手術しなくてよかった』
『足が伸ばせるようになった』と膝の痛み治療後にこのようなお喜びの声を頂きます。

膝の痛み治療に関する技術・知識はもちろん、さまざまな身体の悩みや不安を解決してきた臨床経験から健幸で再発しないお身体つくりをサポートします。

また、膝の痛みを我慢した状態での生活の期間が長ければ長いほど膝の痛みは改善しにくくなってしまいます。そのため1日でも早く膝の痛み治療で正常な膝の機能を取り戻しベストなバランスにしていきましょう!


膝の痛みの原因

膝の痛みの原因膝の機能障害
 膝の機能は曲げる、伸ばす、安定性など働きがあります。これらが何らかの原因より膝の機能障害が起こると膝の痛みが生じます。

 膝関節は3つの骨で構成されています。これは大腿骨、脛骨、膝蓋骨です。これらの骨の周りに筋肉や靭帯、神経などの組織があり膝関節が機能しています。

 膝の動きが悪くなる、膝周辺の筋力低下、神経圧迫などによって膝の機能障害が起こり膝の痛みや違和感が起こるようになります。

重心の位置異常
 重心の位置異常によって膝にかかる負担が増加し膝の痛みが起こります。正常な膝は、歩行で膝にかかる負荷は体重の1.5倍、階段の昇り降りで約3倍、走る時で約7倍になります。そのため、重心の位置異常によって歩く、階段の昇り降り、走るなどの日常生活の中で膝の負荷が強くなり膝に加わる衝撃が増加するため膝の痛みが起こります。

また重心の位置異常により、下肢の骨が変形してくると膝の痛みが起こります。

組織損傷
 膝には筋肉・半月板・靭帯損傷・腱・関節包などの組織損傷により膝の痛みが起こります。これらの組織が事故や外傷などによる損傷、スポーツや激しい運動する際に、捻る・飛ぶ・しゃがむ・急にとまる・急な方向転換などよる損傷します。

あるいは長時間の歩行や運動で膝を休めることなく使うことで「使い過ぎ」によって膝の痛みが起こります。

筋力低下
 筋力低下は膝の痛みを引き起こします。膝は大腿四頭筋という大きな筋肉によって支えられています。この筋肉が運動不足や老化などによって筋力低下が起こります。すると、膝が不安定になり膝を支えることができなくなるので歩く、走る、立つなどの日常生活で膝を使う際に膝に大きな衝撃が加わり膝の痛みが起こります。

体重の増加
 急激な体重の増加により膝の痛みが起こります。膝は安定化、衝撃の緩和などの働きがありますが、体重が急激に増加すると骨や筋肉などの組織がこれらの働きをすることができないため膝の痛みが起こります。そして、膝の痛みがあるため日常生活の運動量が減るためさらに体重が増加します。

その結果、膝にかかる負担はさらに増強するため膝の痛みが悪化するという悪循環になります。


膝の痛みの症状

膝の痛みの症状はさまざまあります。膝の痛みの症状は個人差がある軽度な症状から重度な症状まであります。主な膝の痛みの症状についてご紹介いたします。

膝の痛みの症状膝の内側・外側・周辺に痛みがある
膝の痛みが出る場所は人それぞれです。膝の内側・外側、膝裏、膝周辺などに痛みを感じます。そして、膝の内側の痛み、外側の痛み、膝裏の痛み、膝周辺の痛みが起こる原因は様々です。初めはそれぞれ違和感を感じる程度ですが、膝の状態が悪化すると痛みが増強してきます。

膝の動きが困難
 膝の動きが困難になります。正常な膝は曲げたり、伸ばしたり、しゃがみこんだりすることができますが、膝の痛みが起こると、膝をスムーズ動かすことができない、膝を完全に曲げたり、伸ばしたりすることができない、膝がひっかかるなど膝の動きが困難に感じるようになります。

膝の不安定感
 膝の不安定感を感じます。膝は安定性がありますが、膝に異常が起こると不安定感を感じます。そのため膝がグラグラする、力が入らない、膝が外れる、膝が急に抜ける感じといった症状が起こります。

水が溜まる
 膝に水が溜まることがあります。これは膝に炎症が起きているからです。何らかの原因より、膝の関節内が損傷、細菌感染、あるいは関節液の増加が起こって膝に水が溜まります。膝に水が溜まると膝の関節内の圧力が増大するために膝の痛みが起こります。

膝に水がたまるとプヨプヨとお皿が浮いているような感じがします。

膝が腫れている
 膝に水が溜まってくると膝が腫れてきます。すると膝の表面が柔らかくなり、膝のお皿の形が外見上わかりにくくなります。そして、膝周囲が腫れているので関節の動く範囲が狭くなるなど症状が起こります。

膝に熱がある
 膝の痛みがあると熱を伴うことがあります。膝に炎症が起こると膝に熱を持つようになります。そして膝が赤くなり、触ると熱くなっていることがあります。これは膝の腫れや水が溜まるなどの症状と一緒に起こることがあります。

安静時痛
 膝の痛みが強くなると安静時に痛みを伴います。座っている・寝ている・ジッとしている時など、膝を動かしていない時でも膝の痛みを感じることがあります。これは膝の症状が悪化している場合や、病気などによって起こっている場合もあります。


当院の膝の痛み治療の流れ

『膝の痛み治療ってどんな事するんだろう?』
『どんな手順で施術をするんだろ?』って疑問や不安だらけですよね。
『ハルモニア鍼灸整骨院に行ったらまず何をすればいいんだろう?』

初めて治療をお受けになる前に、安心して治療が受けられるように、基本的な流れを記載します。

1.カウンセリング表に現在の状況を記入
  まず「カウンセリング表」に必要事項をご記入ください。詳しくご記入いただければ情報量が多く早期回復に役立つためできるだけ詳しくご記入ください。

2.カウンセリング
  記入していただいたカウンセリング表をもとにカウンセリングを行います。
 『どの辺りに痛みがありますか?』
 『どうしたら痛みが強まりますか?』
 『いつから痛みがありますか?』
 等、治療に必要な事を明確にして治療の計画を立てます。

3.膝の状態をチェック
 膝の腫れや動き、筋肉のバランスなどのチェックを行います。
 膝の痛みの鑑別診断に必要な検査や、膝周りの筋肉の状態、膝関節の動きなどをチェックします。

4.説明
 カウンセリングをもとに施術内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

5.筋肉の状態改善
  鍼灸治療や整体療法を行います。ソフトな方法で治療を行います。痛みはありませんのでご安心ください。(※症状によっては刺激を変えるので軽度の痛みを伴うことがあります。 )

6.テーピング 
  弱くなってしまった筋肉に対してテーピングを行います。テーピングによって、筋肉にかかる負担を和らげ症状を軽減させます。

7.膝の痛み治療後の効果測定
 膝の痛み治療を行った後に、治療前と比べて動きや痛みの変化を効果測定します。

8.膝の痛み治療後の説明とアドバイス
 膝の痛み治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスをいたします。


当院で膝の痛み治療を受けるメリット

1:膝の痛みの原因がわかります。
当院はカウンセリングから膝の痛みの原因を明確にします。膝の痛みの部分、発生した日、経過状況、膝の状態、日常生活の中、使い方などを総合的に分析し、膝の痛みの原因をはっきりしていきます。

詳しく原因を追求し把握することで膝の痛みの原因を明確にさせてからその原因を専門用語を使わず分かりやすく丁寧に説明します。

2:最新の膝の痛み治療
 豊富な膝の痛み治療の経験と共に、常に検証しより効果的な方法を考慮しながら臨床に役立てていますその為、常に効果的な最新の治療法を受けられます。

3:アフターフォローが充実
 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

4:国家資格所持者による膝の痛み治療
  当院のスタッフは基礎医学を学んでいます。そのため施術は全て解剖学、生理学、運動学などの基本的な知識を有した厚生労働省認可の医療系国家資格所持者による施術を行っています。

5:膝の痛み治療に痛みはほとんどありません。
当院で行っている施術はソフトな施術方法です。そのため施術による痛みはほとんどありません。ただし症状が強く悪い場合には症状を改善していくために軽度の痛みを伴う事があります。

6:高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体などの座学・院内・院外研修を行っています。


膝の痛みの施術料金

整体療法
 整体療法では、膝周りの筋肉のバランスを改善し筋肉を正常な状態に回復させます。特に、膝の痛みの原因となる筋バランスを改善し、膝の痛みの改善を目指します。軽度の膝の痛みにお勧めの治療法です。

初回整体療法 5400円〜
2回目以降  3240円〜 

鍼灸治療
 鍼灸治療では、東洋医学的な考え方を基本とし症状に合わせて治療を行います。痛みが強い方、早期回復をお考えの方にお勧めの治療法です。

初回整体療法 5400円〜
2回目以降  3240円〜

 鍼灸治療に使用する鍼は日本製の滅菌された使い捨て鍼を使用し、鍼の太さは0.2ミリ前後の髪の毛ぐらい鍼を使用します。鍼灸治療に痛みはほとんどありません。ご安心ください。

テーピング療法  1080円〜
 テーピング治療は、整体療法・鍼灸治療の両方ともに組み合わせながら行うことがあります。これによって、治療効果を高めより長く維持するとともに悪化の防止を目指します。

※男性は骨格の大きさや筋肉量が多いため1080円が別途必要になります。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス