7051円 【簡易包装版】幼児知能教育教材 キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材 おもちゃ おもちゃ雑貨・手品 おもちゃ雑貨 簡易包装版 新色追加 幼児知能教育教材 キディトレイン年少用 3~4才児向け 全30教材 7051円,おもちゃ , おもちゃ雑貨・手品 , おもちゃ雑貨,【簡易包装版】幼児知能教育教材,nakatomo-shinkyu.com,キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材,/knifeproof616383.html 簡易包装版 新色追加 幼児知能教育教材 キディトレイン年少用 3~4才児向け 全30教材 7051円,おもちゃ , おもちゃ雑貨・手品 , おもちゃ雑貨,【簡易包装版】幼児知能教育教材,nakatomo-shinkyu.com,キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材,/knifeproof616383.html 7051円 【簡易包装版】幼児知能教育教材 キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材 おもちゃ おもちゃ雑貨・手品 おもちゃ雑貨

簡易包装版 新色追加 幼児知能教育教材 キディトレイン年少用 オンライン限定商品 3~4才児向け 全30教材

【簡易包装版】幼児知能教育教材 キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材

7051円

【簡易包装版】幼児知能教育教材 キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材

商品の説明

【簡易包装版】です。「カード入れ袋」と「教材手提げ袋」が付属しませんが教材の内容は正規品と全く同じです。 カードを保管するための空き箱や小袋はご家庭で用意してください。 各教材にガイダンスと導入教材が添付されていますのでお母さんが教室の先生のように指導できます。 ボリューム:No1~No10まで各号に3教材ずつ入っています。(全30教材) 各教材毎に解説「おうちの方へ」と、内容が一目でわかる「あそびダイジェスト」添付されています。 ギルフォード理論に基づいて制作された幼児知能教育教材の家庭版です。楽しく遊びながら「自分で考える力」を育みます。易しい課題から入ってだんだんと難易度を上げて行きますので個別指導が不可欠ですが、わかりやすい指導の手引きと導入教材が添付されているのでお母さんが教室の先生になって指導することができます。また、絵カードを使う教材なので何度でも繰り返し行うことができます。所要時間は1教材あたり事前の準備に5分~10分、「あそび」の実施に20分~30分が目安です。キディトレインは自信とやる気を引き出す教材です。プリントやドリルが苦手な子もキディトレインで頭を働かせて遊んだ後なら喜んで取り組むようになります。

[セット内容]教材本体、指導の手引き、導入教材、あそびダイジェスト、おうちの方へ

(Amazon.co.jpより)


メーカーより

全30教材の中から「いろえらび」をご紹介します

いろえらびセット

「あそぴ」の概要

2分割(シャツとスカート)になっている「うさぎ」のカード6枚を、シャツとスカートが3匹とも色違いになるように『はめこみばん』に並べます。

次に、3分割(帽子とシャツとスカート)になっている「ぶた」のカード18枚を、帽子とシャツとスカートが6匹とも色違いになるように『はめこみばん』に並べます。

この教材のねらいは「あそび」を通して「知能因子に刺激を与える」ことにあります。

明るく楽しい雰囲気で、お子さまと一緒に遊ぶ気持ちで始めましょう。

いろえらび導入

やさしい課題で子どものやる気を引き出すのが導入です

導入の進め方

導入の活動は展開に向けての準備体操のようなものです。淡々と「あそび」の説明をするのではなく、お子さまのやる気を引き出す言葉がけを考えましょう。

「今日は、どんな遊びかな?」とお子さまの好奇心をそそり、「あっ!わかった!」「これ、できるよ!」とお子さまに自信を持たせ、「今度は、自分一人でやるよ!」とお子さまの意欲を高めてから展開に移ります。

いろえらび展開

少し難しい課題で自分で考える力を育むのが展開です

展開の進め方

幼児期における子どもの能力には大きな個人差があります。手指の動きが遅かったり、なかなか先へ進めなくなったりしても、あせらないでじっくり見守ることが大切です。

また、その日の体調や気分などもお子さまの活動に大きな影響を与えます。疲れていたり、眠かったりして気持ちが散漫になっている時には、途中でも打ち切って別の日に行いましょう。

「早くやりなさい!」とか「まだ出来ないの!」などと言わないひとりひとりの、それぞれの時期に、得手・不得手な分野があるのは当然のことです。大切なのは『早くやる』ことではなく『自分で考える』ことです。

「なぜ出来ないの!」とか「これ間違っているよ!」などと言わないようにしましょう。否定的な言葉がけはお子さまのやる気を失わせます。「これでもよいけれど、もっとぴったりのものはないかな?」とか、「もう一度考えてみようね。」とか、「何回やり直してもいいよ。」などとやさしく言葉がけしましょう。

お子さまに完璧な解答を期待しないでください。もしも全部の課題を難なく行えたとしたら、お子さまにとってその「あそび」は易し過ぎたのです。途中で考え込むような少し難しい課題を与えるようにしましょう。失敗や試行錯誤が『自分の力で一生懸命考える』習慣を育むのです。

【簡易包装版】幼児知能教育教材 キディトレイン年少用(3~4才児向け)全30教材