ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

足底腱膜炎 広島 足底腱膜炎治療 整体

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

足底腱膜炎plantar fasciitis

足底腱膜炎治療

『その足の痛みを早期に解消し普通に歩ける幸せを感じませんか』

広島の足底腱膜炎治療院足底腱膜炎は足の裏に痛みが起こる疾患です。足底腱膜炎はあまり聞きなれない疾患ですが最近、足底腱膜炎は増加傾向にあります。

足底腱膜炎は仕事で硬い安全靴を履いている人や革靴を履いて営業に回っている人、病気で長期間運動できなかった人、長年の足の使いすぎの人に多くみられ、男女で比べると女性によく発生します。

足底腱膜炎になると足の裏やかかとの辺りに痛みを感じますが多くの方は原因がわからず、はじめは『なんだか足の裏に痛みを感じる』ぐらいの違和感です。

そして、はじめのうちは痛みが軽度なため『時間がたてば痛みがなくなるだろう』と考えてしまいます。

これは非常に危険です。

足底腱膜炎の痛みを我慢しながら日常生活を続けていると、『朝起きた時の第一歩目に激痛がでる』『長時間座ったり、立ったりした後に急に歩き出すと痛みがでる』などがおこります。

そして痛みはだんだん部分的な足の裏の痛みから足裏全体にまで痛みの範囲が広くなり、痛みが激痛となって歩くことができなくなります。

足底腱膜炎がひどくなってくると骨にまで刺激が加わり踵の部分に骨の棘が出来てきます。これができると安静にしていても常に足の裏の痛みを感じるようになります。

足底腱膜炎は足底腱膜の損傷によって起こります。足底腱膜は踵から足の指の付け根までついている扇状の腱膜で、これが立ったり、歩いたり、走ったりするときにスプリングの役割をして足裏の衝撃を緩和しています。

広島の足底腱膜炎の治療についてしかし、何らかの原因で足底腱膜を損傷すると足の裏の痛みや踵辺りに痛みが起こります。

そして足底腱膜炎は踵骨の内側底面に付着する足底腱膜に断裂や繰り返し引っ張る力が加わってその付着部分の腱膜や骨膜に炎症が生じて痛みを感じます。

足底腱膜に小さな断裂で起こった場合、この断裂が修復される前に動くことで再び断裂が起こるために足底腱膜炎が長期間続くようになるのです。

足底腱膜炎の痛みで痛み止めの注射や薬、シップあるいはマッサージを繰り返し行っても一時的な対症療法のため根本的な改善にはなりません。

足底腱膜炎が悪化すると、仕事や家事、買い物、旅行、ウォーキングやランニングなどの運動などの日常生活を不自由に過ごすことになり、家で過ごす生活になってしまいます。

当院の足底腱膜炎治療はテーピング療法、整体療法、鍼灸治療などを行い早期改善を目的に行っています。

足底筋膜炎は早期のうちに治療開始することで早期に改善することができます。


足底腱膜炎治療は広島市中区の当院にお任せください。

初回の足底腱膜炎治療後に『足底腱膜炎が変化し足底腱膜炎治療の効果がわかる』と94%の人が実感できる広島市にある当院の足底腱膜炎治療。

広島の足底腱膜炎の治療前の悩み足底腱膜炎治療前こんな不安が・・・
 『朝起きて歩く一歩目が痛い』
 『足が痛くて歩けない』
 『長い時間じっとして歩き出す時に足が痛い』
 『手術するのは嫌だ・・・』
 『シップや痛み止めの薬を飲んでも痛みが軽減しない』など

足底腱膜炎の痛みや辛さなどはそれぞれあります。

広島にある足底腱膜炎治療専門院のハルモニア鍼灸整骨院では、これまでに足底腱膜炎の症状からくる様々なお悩み・相談を受け、足底腱膜炎の原因をカウンセリングと臨床経験から総合的に分析してみつけ、その原因に対して足底腱膜炎治療を行うことで症状の改善をしております。

その結果、足底腱膜炎が早期に改善され痛み・辛さから解放されることにより、たくさんの喜びの笑顔をみてきた広島の足底腱膜炎治療の専門家に一度ご相談ください。

広島の足底腱膜炎の治療後について足底腱膜炎治療を受けると・・・
 『朝起きてからの痛みがなくなった』
 『痛みがなく普通に歩ける』
 『動くのが怖くなくなった』
 『日常生活が快適に過ごせる』
 『手術しなくてよかった』

と広島にある当院での足底腱膜炎治療後にこのようなお声を頂きます。

足底腱膜炎治療に関する技術・知識はもちろん、これまでの臨床でさまざまな身体の痛みや辛さ、そして悩みや不安を解決してきた臨床経験から足底腱膜炎の再発防止や健幸なお体つくりをサポートします。

また、足底腱膜炎の状態で日常生活を過ごす時間が長ければ長いほど症状が進行し改善が困難になります。そのため1日でも早く足底腱膜炎治療で正常な体を取り戻しベストなバランスにしていきましょう!


足底腱膜炎の症状

足底腱膜炎の症状について足底腱膜炎の症状は様々あります。軽度〜重度な状態まであり足底腱膜炎の症状は程度によって異なります。足底腱膜炎の症状についてご紹介いたします。

足裏の痛み
足裏の痛みや踵辺りに痛みを起こります。初期の足底腱膜炎の痛みは部分的に違和感を感じるくらいです。

しかし、中程度の足底腱膜炎になると足裏の痛みや踵辺りの痛みを強く感じるようになります。そして重度の足底腱膜炎になると、足裏の全体に痛みが広がるようになってきます。

動き始めの痛み
足底腱膜炎の症状に動き始めの痛みがあります。特に朝の起き始めの一歩目の痛みや立っている、座っているなど同じ姿勢が長時間続いた後の動き始めの一歩目に痛みが起こるのが特徴です。そして、動き始めて少し時間が経つと痛みがなくなるのが足底腱膜炎の症状になります。

骨棘(こつきょく)
足底腱膜炎と同時に起こるのが骨棘です。足底腱膜炎の症状が強く骨にまで刺激が加わると骨にトゲができるようになります。この骨にトゲ状の物質ができることを骨棘といいますが、骨棘ができると足底腱膜に常に刺激が加わるため、安静にしていても激痛を伴うことになります。

痛みの消失・出現
足底腱膜炎の症状として歩いていると痛みがだんだん消えてきます。これは足底腱膜炎の断裂がなくなるからです。朝起きた時の歩き始めや長時間同じ姿勢が続いた後の最初の一歩目で足底腱膜が断裂するので足裏の痛みが起こります。そして、動いていると断裂が続きます。

しかし、動いているうちに断裂が終わると痛みはなくなります。

そして、安静にしている間または寝ている間に断裂部分は修復されますが、修復が完全にできていない状態で再び動くと再び断裂が起こり同じ部分に痛みが現れます。

そして足底腱膜炎がさらに進行し、断裂部分の範囲が広くなると動いている最中でも痛みが起こるようになります。このように足底腱膜炎は断裂、修復を繰り返しながら起きています。


足底腱膜炎の原因

足裏の構造は2つのアーチにでできています。

足底腱膜炎の原因これは縦アーチと横アーチです。この2つのアーチによって立っている、歩く、走る、ジャンプなどの時に起こる衝撃の吸収やクッションの役割、足を前に蹴りだすバネの力、安定性の働きをしているのです。

足底腱膜は足裏全体を覆うようにして膜が張っており、足裏の働きに役立っているのです。しかし、何らかの原因で足底腱膜に異常が起こると足底腱膜炎が発症します。

この足底腱膜炎が起こる原因に外的要因と内的要因があります。

内的要因は偏平足、ハイアーチ、回内足、回外足、O脚、X脚、下腿部の筋力低下や柔軟性の欠如、体重の増加などがあります。外的要因はハイヒールやパンプスなどの靴の問題、運動量の増加、インソール、アスファルトなど硬い地面や床での運動などがあります。

この2つの要因によって足底腱膜に負担がかかり、足底腱膜炎が起こるのです。

【内的要因】
足の構造異常
足底腱膜炎の原因の1つに足のアーチの異常があります。このアーチの異常により足底腱膜に負荷がかかり足底腱膜炎になります。アーチの異常として扁平足、ハイアーチです。

扁平足は土踏まずがなくなっている状態です。土踏まずがのアーチが低下しているため衝撃の吸収と荷重の分散する力が低下しているため足底腱膜が損傷されます。

ハイアーチは足の甲が高くなっている状態です。足底腱膜が過度に緊張し柔軟性が低下しているため、運動量や体重の増加などで足裏に強い負荷がかかれば足底腱膜が損傷します。

足首の過度の傾き
足首の傾き異常による回内足、回外足があります。
回内足は土踏まずのアーチがなくなり足首が内側に傾いた状態です。足首が過度に内側に傾くと足の骨のゆがみが起こり、そして足底腱膜に大きな負荷がかかるため足底腱膜炎になります。

回外足は足首が外側に傾いた状態です。足首が過度に外側に傾くと足の安定性が低下するため足底腱膜に負荷がかかり足底腱膜炎になります。つまり、動作のたびに回内や回外の運動を無理やり行われるため損傷されやすいのです。

O脚・X脚
O脚、X脚になると下腿軸がズレが生じます。すると、歩く、走るなど動作の時に足の軸がブレてしまい足底腱膜の緊張が強くなり痛みが生じるのです。

筋力の低下
筋力低下が原因で足底腱膜炎は起こります。足のアーチを構成する筋力低下により足裏のクッションの役割がなくなると次第に足底腱膜に負担がかかり損傷します。

またふくらはぎやスネの筋肉である下腿三頭筋・前脛骨筋・後脛骨筋・長短腓骨筋・第三腓骨筋などの筋力低下が起こると重心異常が起こるため足底腱膜炎が起こります。

体重の増加
体重の増加によって足裏にかかる負荷が大きくなります。妊娠や何らかの原因で体重が急激に増えると足底腱膜に強い負担がかかり損傷します。BMIが25以上や1か月で5kg以上増えた人は注意が必要です。

【外的要因】
靴の問題
ハイヒールやパンプスを履いてる方が多くいます。このような靴を履くことで重心異常が起こり足底腱膜炎を発症させます。あるいは靴底が硬いや柔らかい靴でも足底腱膜にかかる負担が大きくなるため痛みが起こります。

運動量の増加
足の使い過ぎによって足底腱膜炎が起こります。普段、あまり運動をする習慣がない方が歩く・走る・立つなどの時間が増えたことで足底腱膜を過度に使用することになります。そして、足底腱膜の緊張が続いたまま使い続けると損傷することになり痛みを引き起こすことになります。


当院の足底腱膜炎治療の流れ

足底腱膜炎の治療ってどんな事をするんだろう?』
『施術はどんな手順でするんだろ?』って疑問や不安がありますよね。

初めて足底腱膜炎治療をお受けになる前に、安心して足底腱膜炎治療が受けられるように基本的な流れをご説明します。

1.カウンセリング表をご記入して頂きます。
カウンセリング表には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。『このような症状がある』『こんな症状もでている』などできるだけ細かい情報を多く正確に頂ければその分改善までの時間が早まります。

2.オリジナルカウンセリング
記入していただいたカウンセリング表をもとにカウンセリングを行います。

カウンセリング例として
『現在、どのような状態ですか?』
『どのような時に痛みを感じますか?』
『痛みを感じた時から比べて症状はいかがですか?』
などをお尋ねします。

このカウンセリングによって原因と症状把握、施術計画を立てます。

3.各種検査
 足底腱膜炎の場合には、解剖学的・運動学的に分析し今現在の状態を把握し仮説をたてます。その仮説に基づいて検査を行います。足底腱膜炎の場合であれば、足の構造異常や筋肉バランスなどを細かくみる必要となります。

4.説明
 カウンセリングや各種検査をもとに、これから行う治療内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

5.足底腱膜炎治療
 足底腱膜炎治療というと、グイグイ押さえつけられるようなイメージがあると思います。
当院ではそのような危険な治療を行わず、ボキボキしないソフトな治療法で足底腱膜炎治療を行います。そのため、足底腱膜炎治療が怖かった方でも安心して受けることができます。

【患者さんN・Mさんの感想】
歩くたびに痛みが出ていたので困っていました。痛み止めの薬や注射をしても改善されず、どうしたらいいのだろうと悩んでいました。手術をするのは怖いし、何か方法がないかと色々探してこちらに来ました。足の痛みが最初はなかなかひきませんでしたが、治療を受けるたびに痛みが軽くなって今では普通に歩けるようになって嬉しかったです。

6.治療後の効果測定
 ソフトな施術で、施術前と施術後の変化をすぐに体感できるため足底腱膜炎治療を受けた多くの人が喜んでいます。足底腱膜炎治療では、様々な原因や症状に対応しております。

7.説明
施術後に、日常生活での注意点や今後の治療方針、治療計画についてご説明いたします。

これまでの流れでわからないことがあればお気軽にご質問ください。


当院で足底腱膜炎治療を受けるメリット

『足底腱膜炎治療を受けたいけど、どこにいったらいいのかわからない』
『ハルモニア鍼灸整骨院で足底腱膜炎治療をすると、どんないいことがあるの?』
と疑問があるかたもおられると思います。

このような方のために当院で足底腱膜炎治療を受けるとどんなメリットがあるのかをご紹介いたします。

1.身体の状態がわかります。
 足底腱膜炎の原因を明確にします。当院はカウンセリングから足底腱膜炎の原因を症状の起こった部分、発生からの経過、日常生活の中での使い方などを総合的に分析し足底腱膜炎になった原因を明確します。

詳しく原因を追求し把握することで足底腱膜炎の原因を明確にさせてからその原因を専門用語を使わず分かりやすく丁寧に説明します。

2.最新の施術&臨床経験
 豊富な足底腱膜炎治療の経験と共に、常に検証しより効果的な方法を考慮しながら臨床に役立てています。また座学や研究会などに積極的に参加し知識と技術の向上をしているため常に効果的な最新の治療法を受けられます。

3.アフターフォローが充実
 足底腱膜炎治療後も日々のケアが大切になります。そのため、足底腱膜炎治療が終わっても一定の期間は身体と向かい合い注意することが必要になります。当院では足底腱膜炎治療による効果の維持と再発を防ぐために1人ひとりにあったトレーニングやストレッチ体操などの指導も行っております。

4.国家資格を所持者による足底腱膜炎治療
当院は基礎医学を学んでおり施術は全て解剖学、生理学、運動学などの基本的な知識を有した厚生労働省認可の医療系国家資格所持者による足底腱膜炎治療を行っています。

5.全身のバランスを考慮した足底腱膜炎治療
足底腱膜炎治療は根本改善を目指します。そのため、その時の身体全体のバランスを考慮して最適な施術を行います。

6.足底腱膜炎治療に痛みは一切ありません
当院の足底腱膜炎治療はボキボキしない・力に頼らないソフトな足底腱膜炎治療になります。なので足底腱膜炎治療による痛みはありません。(※症状により刺激量は変えるため軽度の痛みを伴う場合があります。)

7.トータルケアを行っている
当院の足底腱膜炎治療は整骨療法、鍼灸治療、整体療法、テーピング療法などそれぞれの症状に合わせたトータルケアを行っています。そのため1人ひとりに合わせた足底腱膜炎治療を行うことができます。

8.高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体など座学、セミナーなどに足を運び日々学んでおります。

9.安心の担当制
 足底腱膜炎治療は担当制で行います。担当制にすることにより最初から状態を把握できることでより的確な施術そしてアドバイスができるために安心して施術を受けて頂くことができます。


足底腱膜炎の施術料金

足底腱膜炎
 骨格矯正とテーピング治療を行います。このテーピング治療は、足底腱膜炎を保護する目的と共に体重の掛かり方を改善していくことにより、足底腱膜炎の痛みを改善することが目的です。

初回足底腱膜炎治療 5940〜
2回目以降     3780〜

鍼灸治療
 痛みを早く軽減させたい方にお勧めの治療です。強い足底腱膜炎をお持ちの方で現在の症状を早期に改善していきます。

初回鍼灸治療 6480〜
2回目以降  4320〜

足底腱膜炎根本改善
足底腱膜炎を根本的に改善したい方、歩き方をよくしたい方にお勧めです。
足の骨格矯正と股関節矯正を行い体重の掛かり方を改善していくことにより、より早く足底腱膜炎が改善することが目的です。

足底腱膜炎の痛みだけではなく歩き方、体重バランスなど根本的な原因から足底腱膜炎を改善することにより、体重の掛かり方が安定し、正常な重心になると足底腱膜炎が改善した後で再び足底腱膜炎になることを予防できます。

初回根本改善矯正 7560〜
2回目以降    5400〜

※テーピング治療によって、かぶれてしまう事があります。
※初回治療費には初検料が含まれています。
※男性の方は骨格が大きく筋肉量が多い為1080別途必要になります。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス