ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

テニス肘 広島 広島市中区 テニス肘治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

テニス肘tennis elbow

テニス肘治療

『テニス肘の痛みを早期に解消しませんか』

広島のテニス肘治療院テニス肘はテニスをしている多くの人が悩んでいます。テニス肘は肘の部分に大きな負荷がかかることで痛みが起こります。

テニス肘になると『物を持ちあげる』『肘の曲げ伸ばし』『キャップの開け閉め』『ドアノブを回す』『タオルを絞る』などの時に痛みが起こります。

テニス肘はこの障害を起こす方がテニスをしている人に多いことから名づけられました。

テニス肘は医学的な正式名称があります。肘の外側に出る痛みを『上腕骨外側上顆炎』肘の内側に出る痛みを『上腕骨内側上顆炎』と言います。テニス肘は外側と内側との割合を比べると外側に症状がでることが多く、男女の割合を比べると筋肉の弱い女性に多くみられます。

テニス肘は腕や手首を曲げる、伸ばす、捻るなどの動作を繰り返し行うことで肘に大きな負担が加わり痛みが起こるのです。さらにテニス肘が悪化すると腕や手のしびれ、安静にしても痛みがある、力が入らないなどの症状が引き起こされます。

このようなテニス肘はテニスをしている人だけに起こる症状ではありません。仕事や家事、趣味などで手や腕を酷使する人に起こるのがテニス肘です。

仕事でパソコンや重たい荷物を持つ職業の人、家事や育児などで包丁や洗濯、抱っこ、授乳など腕を多く使う主婦、野球やゴルフ、バドミントン、卓球などスポーツで肘の曲げる、伸ばす、捻るなどを頻繁に行う人にテニス肘がみられます。

テニス肘でお困りの方、広島にある当院のテニス肘治療で早期改善を目指しませんか?テニス肘治療の専門家があなたのテニス肘の状態に合わせた最適な治療方法で1日でも早くテニス肘の痛みから解放されるようサポートします。

当院では、鍼灸治療・整骨矯正・整体療法・テーピング療法でテニス肘の治療を行っています。


テニス肘治療は広島市中区の当院にお任せください。

初回のテニス肘治療後に『テニス肘が変化しテニス肘治療の効果がわかる』と94%実感できる広島市にある当院のテニス肘治療の整体療法・鍼灸治療。

広島のテニス肘治療前の悩みテニス肘にこんな不安が・・・
 『肘の痛みでテニスができなくなった』
 『ドアノブや蓋の開け閉めのたびに痛みを感じる』
 『肘の曲げ伸ばしで痛みがでる』
 『薬や注射をしてもテニス肘が一向に改善しない』
 『肘が変形してきた・・・』など

広島にあるテニス肘治療専門院のハルモニア鍼灸整骨院では、これまでにテニス肘の症状からくる様々なお悩み・相談を受け、テニス肘の原因をカウンセリングと臨床経験から総合的に分析してみつけ、その原因に対してテニス肘治療を行うことで症状の改善をしております。

その結果、テニス肘が早期に改善され痛み・辛さから解放されることにより、たくさんの喜びの笑顔をみてきた広島のテニス肘治療の専門家に一度ご相談ください。

広島のテニス肘治療の効果テニス肘治療を受けると・・・
 『痛みなく肘が使えるようになった』
 『ドアノブや蓋の開け閉めが痛みなくできた』
 『テニス肘の怖さがなく全力でプレーできるようになった』
 『肘がまっすぐ伸ばせるようになった』
 『力を入れても痛みがでなくなった』

と広島にある当院でのテニス肘治療後にこのようなお声を頂きます。

テニス肘治療に関する技術・知識はもちろん、さまざまな身体の痛みや辛さ、悩み、不安を解決してきた豊富な臨床経験から健幸で再発しないお身体つくりをサポートします。

またテニス肘の痛みを我慢した状態での日常生活が長ければ長いほどテニス肘の改善が困難になります。そのため1日でも早くテニス肘治療で痛みや辛さを解消し正常なバランスにしていきましょう!


テニス肘の症状チェック

1.テニスが終わるとジンジンまたはズキズキと肘が痛む

テニス肘の症状2.ボールを打つ瞬間に痛みが起こる

3.肘が腫れており抑えると痛みがある

4.鞄やファイルなど物を持ち上げる時に痛みがある

5.腕に力を入れたまま長時間使っていることがある

6.洗濯ばさみやフライパンなど握るような動作で痛みがある

7.濡れた雑巾やタオルを絞ると痛みがある

8.仕事で腕の曲げ伸ばしや捻る動作を頻繁に行う

9.ドアノブ回したり、キャップを開けるときに痛みがある

10. ラケットや茶碗など物を握る時、力が入らず握力が低下している

以上の項目がテニス肘にみられる特徴的な症状になります。

2つ以上あてはまる場合にはテニス肘の可能性が高いと考えられます。このような場合には我慢せずに専門家に相談をするようにしましょう。


テニス肘の原因

テニス肘の原因は一体なんでしょうか?

テニス肘の原因テニス肘の原因として考えられるのは、『肘関節の構造異常』、『筋肉の損傷・組織変化』、『フォームの異常』、『使い過ぎ』の4つで発症しています。

1:肘関節の構造異常
肘関節の構造異常で起こります。肘の関節が骨折や脱臼あるいは成長過程において変形が起こり関節にゆがみ生じ痛みが起こります。

また肘関節は肘の曲げ伸ばし、手のひらを裏表するような回旋運動ができますが、これが肘関節の構造異常が起こると正常な運動ができなくなるため痛みが起こるのです。

2:筋肉の損傷・組織変化
筋肉の損傷や組織変化によって痛みが起こります。特に前腕の筋肉の損傷や組織変化が起こります。筋肉が酷使されると筋肉が少しずつ損傷し痛みが起こります。そして疲労が溜まると筋肉の収縮や柔軟性が低下するため痛みが起こります。

女性は男性に比べ筋肉が弱い為、筋力不足や筋力低下などで起こります。また痛みをごまかしながら使い続けることによって筋肉の損傷や組織変化が進行し強い痛みとなります。

3:フォームの乱れ
サーブやストロークなどテニスのフォームバランスが乱れると肘に負荷がかかり痛みが生じます。また長い時間ラリーが続くと全身の筋肉に疲労が溜まりフォームが乱れます。

さらに痛みをごまかしたままプレーを続けると痛みがでないようにするためますますフォームが乱れます。すると、手打ちになるため肘に負荷がかかり痛みが生じるのです。

4:使い過ぎ
筋肉の使い過ぎによってテニス肘が起こります。使いすぎは筋肉バランスが崩れ疲労が溜まり筋肉の弾力性や筋力の低下が起こります。最初は軽度な痛みのためにそのまま使い続けている方がほとんどです。しかし、そのまま使い過ぎてしまうことで痛みが悪化し症状が引き起こされるのです。


テニス肘治療の流れ

『テニス肘治療ってどんな事するんだろう?』
広島のテニス肘治療の流れ『どんな手順で施術をするんだろ?』って疑問や不安だらけですよね。

『ハルモニア鍼灸整骨院に行ったらまず何をすればいいんだろう?』

初めてテニス肘治療をお受けになる前に、安心してテニス肘治療が受けられるように、基本的な流れを記載します。

1.カウンセリング表に現在の状況を記入
  まず「カウンセリング表」に必要事項をご記入ください。

2.カウンセリング
  記入していただいたカウンセリング表をもとにカウンセリングを行います。
 『どの辺りに痛みがありますか?』
 『どうしたら痛みが強まりますか?』
 『いつから痛みがありますか?』
 等、治療に必要な事を明確にして治療の計画を立てます。

3.テニス肘のチェック
 肘の腫れや動き、筋肉のバランスチェックを行います。
 テニス肘の鑑別診断に必要な検査や、前腕部の筋肉の状態、肘の関節の動きなどをチェックします。

4.説明
 カウンセリングをもとに施術内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

5.筋肉の状態を改善
  鍼灸治療や整体療法を行います。痛みのないソフトな方法で治療を行いますのでご安心ください。(※症状によっては刺激を変えるので軽度の痛みを伴うことがあります。 )

6.テーピング 
  バランスの崩れた筋肉に対してテーピング療法を行います。このテーピング療法によりテニス肘の原因となった筋肉を強化し筋肉にかかる負担を和らげます。

7.テニス肘治療後の効果測定
 テニス肘治療を行った後に、治療前と比べて動きや痛みの変化を効果測定します。

8.テニス肘治療後の説明とアドバイス
 テニス肘治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスをいたします。


テニス肘治療を当院で受けるメリット

1:テニス肘になった原因がわかります。
 当院はカウンセリングからテニス肘の原因を症状の起こった部分、発生からの経過、日常生活の中での使い方などを総合的に分析しテニス肘になった原因を明確します。詳しく原因を追求し把握することでテニス肘の原因を明確にさせてからその原因を専門用語を使わず分かりやすく丁寧に説明します。

2:最新のテニス肘治療
 豊富なテニス肘治療の経験と共に、常に検証しより効果的な方法を考慮しながら臨床に役立てています。また座学や研究会などに積極的に参加し知識と技術の向上をしているため常に効果的な最新の治療法を受けられます。

3:アフターフォローが充実
 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

4:国家資格所持者によるテニス肘治療
  当院は基礎医学を学んでおり施術は全て解剖学、生理学、運動学、スポーツ医学などの基本的な知識を学んだ厚生労働省認可の医療系国家資格所持者による施術を行っています。

5:テニス肘治療に痛みはほとんどありません。
当院で行っている施術はソフトな施術方法です。そのため施術による痛みはほとんどありません。ただし症状が強く悪い場合には症状を改善していくのに刺激が強くなるため軽度の痛みを伴う事があります。

7.トータルケアを行っている
当院のテニス肘治療は整骨療法、鍼灸治療、整体療法、テーピング療法などそれぞれの症状に合わせたトータルケアを行っています。そのため1人ひとりに合わせたテニス肘治療を行うことができます。

6:高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体などの座学・院内・院外研修を行っています。


テニス肘の施術料金

総合療法
整体療法と鍼灸治療を行います。総合療法で症状を徹底的に改善します。

初回総合療法 (片肘)7560〜 (両肘)10800〜
2回目以降  (片肘)5400〜 (両肘)8640〜

整体療法
 整体療法は、テニス肘の原因となる筋肉バランスと肘関節部の機能障害を正常な状態に回復させます。軽度のテニス肘の方にお勧めの治療法です。

初回整体療法 (片肘)5400〜 (両肘)7560〜
2回目以降  (片肘)3240〜 (両肘)5400〜

鍼灸治療
 鍼灸治療では、トリガーポイント療法や東洋医学的な考え方を基本とし症状に合わせて治療を行います。痛みが強い方や慢性的にテニス肘でお困りの方、テニス肘治療を受けながら日常生活で無理に手・腕を使う必要性がある方に鍼灸治療がお勧めです。

初回鍼灸治療 (片肘)5400〜 (両肘)7560〜
2回目以降  (片肘)3240〜 (両肘)5400〜

日本製の滅菌された使い捨て鍼を使用し、鍼の太さは0.2ミリ前後の髪の毛ぐらい鍼を使用します。鍼灸治療に痛みはほとんどありません。ご安心ください。

テーピング療法   1080〜
 テーピング療法は、整体療法・鍼灸治療の両方ともに組み合わせながら行うことがあります。これによって、治療効果をより長く維持するとともに悪化の防止を目指します。 また、手を良く使うお仕事の方の場合テニス肘の予防にも最適です。

※男性は骨格の大きさや筋肉量が多いため1080が別途必要になります。
※テーピング治療によって、かぶれてしまう事があります。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス