ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

自律神経失調症 広島 整体 鍼灸

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

自律神経失調症autonomic ataxia

自律神経失調症治療

広島の自律神経失調症治療院『自律神経失調症の不安から解放されませんか』

自律神経失調症は人それぞれ様々な症状があります。自律神経失調症の特徴は体調不良があるのにその原因がはっきりしない点です。また体調不良が身体の部分的な症状もあれば、全身的な症状が起こる場合もあります。

さらに自律神経失調症は心の症状がでる場合もあれば、心と身体の症状が重なり合って同時にでる場合もあります。そして、ある症状が落ち着くと別の症状が現れることが多いのが特徴です。

体調が急に悪くなったり、慢性的に身体の不調で悩んでいる方の多くが医療機関で検査を受けても「異常なし」「様子をみましょう」「薬をだしておきます」「自律神経失調症ですね」などと言われ、身体に異常がみつからず体調不良がそのまま続き回復していないかもしれません。

そして自律神経失調症で薬を飲む方がいます。しかし、薬を飲んでもだんだん薬が効かなくなる。そして、薬が効かないので使用頻度を増やす。さらに強い薬を服用する。という悪循環になっていませんか?

自律神経失調症で悩んでいる方は「薬はできるだけ飲みたくない」「副作用が怖い」「常用してしまうのでは」と考えているかもしれません。

自律神経失調症と薬しかし薬をやめるとすぐに体調不良が再び起こるため薬をやめることができなくなっているかもしれません。

薬は慣れて効かなくなったり、いきなりやめると身体のバランスが崩れます。薬は一時的に症状を緩和させますが、薬の効果がなくなるとまた続けて薬を飲むため自律神経失調症を長引かせながらの対処療法になり根本的な改善にはなりません。

自律神経失調症で薬を飲まなくてもいい体質改善をしませんか?

また自律神経失調症が改善する傾向がなく「原因がわからない」「一生付き合わなければならないのか」「このまま自分はどうなっていくのだろう」など不安や悩みを抱えたまま日常生活を過ごしているかもしれません。

自律神経失調症は自律神経バランスの乱れが引き金となって起こります。この自律神経が乱れるのは何らかの原因があります。その原因から現在の症状を引き起こしているのです。

人はホメオスタシスという身体の働きがあります。このホメオスタシスとは身体を健康な状態に維持する働きがあるので生命維持装置とも呼ばれています。このホメオスタシスが正常に働いている人は安全な状態を保つことができます。

例えば、風邪をひいた時に熱が出ます。これは体内に入ったウイルスを退治するために起きた反応です。これが身体的症状で熱を感じていますが、体内では風邪のウイルスを退治するために一生懸命働いているのです。このように自律神経失調症も身体と心を守るための反応が出ているのです。

自律神経失調症はあなたの身体と心の健康を維持するために起こっており 症状を出すのが目的ではありません。あくまで目的は身体と心の健康維持です。

そのため身体と心の健康を維持するための手段として症状が出ているのです。自律神経失調症になるデメリットはあります。しかし身体と心の健康を維持をする大きなメリットもあります。そのため自律神経失調症が改善する日常生活を過ごしていれば症状は自然に軽減されていきます。

また「病は気から」という言葉があります。この言葉通り心のバランスの崩れが習慣化されると身体の症状として現れます。

仕事や家庭、人間関係などで強い不安や心配事、悩み、葛藤、不満などから身体は不快やストレスから守ろうとする「防衛反応」があります。

これは心を快適な状態に保つために反応するので「心の安心・安全装置」と呼ばれています。これがうまく反応していれば問題がありませんが、心のバランスが崩れ限界を超えると身体に反映されるようになります。

そして自律神経バランスに乱れが生じ、肩こりや頭痛、疲労感、発熱、めまいなどの様々な身体的症状が現れてきます。このようなプロセスが自律神経失調症です。

自律神経失調症は性格、環境、社会的ストレス、心的ストレス、生活習慣や考え方の習慣などから起こります。これらの要因が身体的・心的に繰り返し刺激されると自律神経失調症が起こると当院では考えております。特に当院が考える自律神経失調症が起こる原因は特に心的要因が大きいと考えております。

身体と心の関係は表裏一体でとても深く密接に繋がっています。心の状態が表面化されると身体に反映され身体症状が起こります。そして身体の状態が悪いと心が無意識に反応しその影響が心に反映されます。そして想いや考えが感情を刺激し心に反映すると身体の状態に繋がります。

それが心に反映しさらに思考や感情を刺激するため再び身体に反応されるという負のサイクルが起こり、どんどん症状が悪化または違う症状を引き起こしてしまいます。これらは日常生活のクセと同じで自分自身が繰り返し無意識のうちに同じパターンを行っており習慣化しています。

最近の研究の結果では、心と身体のアンバランスが原因で症状が起こっていることがわかり、心と身体のバランスが整うと健康になっている研究結果もでているくらい科学的にも実証されてきています。

自律神経失調症は、身体症状と心的症状のどちらが先に現れるかは個人差によって違います。しかし心と身体は深い繋がりがあるので、身体に症状が現れた人には様々な心的症状が現れるようになり、心的症状が現れた人には身体症状が自覚されるようになります。

自律神経失調症は身体症状と心的症状が同時に伴うので放っておくと負の連鎖が起こってしまい、症状が悪化しさらに原因が不透明になってくるので早期治療が大切になります。

自律神経失調症になって、仕事の成果、家事や育児、趣味の活動が自分の想うようにできなくなっていませんか?そして人間関係が悪くなっていませんか?

自律神経失調症が改善すれば、仕事の成果があがり、家事や育児、趣味の活動が快適にできるようになります。そして自己実現を手に入れることもできます。さらに人間関係も改善され人付き合いがよくなることができます。

自律神経失調症になるには何らかの原因があります。その原因にアプローチすることで自律神経失調症は改善することができます。

当院は自律神経失調症に対して整体療法、鍼灸治療、カウンセリングを行い自律神経失調症の体質改善を行い、その結果、快適な日常を取り戻し自己実現できるようにサポートさせて頂きます。


自律神経失調症治療は広島市中区の当院にお任せください。

広島市にある当院は自律神経失調症に対して整体療法、鍼灸治療、カウンセリングを行い自律神経失調症を改善します。

広島の自律神経失調症治療前の悩み自律神経失調症の治療前にこんな不安が・・・
 『薬を飲んでも効かない』
 『原因がわからない』
 『このままずっと過ごすのか・・・・』
 『自律神経失調症と言われた』
 『体調不良が続いている』など

自律神経失調症で悩んでいるかもしれません。

広島にある自律神経失調症治療専門院のハルモニア鍼灸整骨院では、これまでに自律神経失調症の症状からくる様々なお悩み・相談を受け、自律神経失調症の原因をカウンセリングと臨床経験から総合的に分析してみつけ、その原因に対して自律神経失調症治療を行うことで症状の改善をしております。

その結果、自律神経失調症が早期に改善されしんどい・辛さから解放されることにより、たくさんの喜びの笑顔をみてきた広島の自律神経失調症治療の専門家に一度ご相談ください。

広島の自律神経失調症治療の効果自律神経失調症治療を受けると・・・
 『薬を飲まなくてよかった』
 『周りから変わったね、と言われた』
 『体調がよくなってきた』
 『気持ちがスッキリした』
 『前向きに考えれるようになった』

と自律神経失調症治療後にこのようなお声を頂きます。

自律神経失調症治療に関する技術・知識はもちろんこれまでの臨床でさまざまな身体の痛みや辛さ、そして悩みや不安を解決してきた臨床経験から自律神経失調症の再発防止や健幸なお体つくりをサポートします。

また自律神経失調症の状態で日常生活を過ごす時間が長ければ長いほど症状が進行し改善が困難になります。そのため1日でも早く自律神経失調症治療で正常な体を取り戻しベストなバランスにしていきましょう。


自律神経とは

自律神経とは自律神経は身体のたくさんある神経の中の1つです。これは脳と繋がっており脳から背骨の中を通って全身に広がっています。この自律神経は自分が意識してコントロールできない神経になります。

例えば、心臓や胃・小腸・大腸などの消化器系、子宮・卵巣・膀胱などの生殖器系、瞳孔・血管・立毛筋・汗腺などは私たちの意識では動かすことができません。そのため自律神経がこれらの各器官を自然と調整し身体のバランスを整え人の生命維持に必要な働きをしているのです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経から構成されています。

交感神経は活動する神経のため運動している時、興奮している時、危機を感じている時、緊張している時、恐怖感じている時などによく働き心臓の拍動や血圧を高め身体を活動させる状態にする神経です。

副交感神経は「眠っている、リラックスしている時、身体が回復している時、内臓の動きが活発な時、安心している時などによく働き消化器官の動きを促進させ身体の睡眠や休養などを行います。

このように自律神経は身体の内側あるいは外側からの刺激に対して反応し生命を維持するためにさまざまな器官に働きかけています。そのため交感神経と副交感神経がひとつの器官に対してその状況に合わせて相反するように働き臓器や器官を自動的に調整しうまくバランスを保っています。

交感神経と副交感神経のバランスが悪く正常に働いていない場合、身体的あるいは心的症状が現れ、耳鳴りがする、めまいがする、身体が痛い、疲労を感じる、寝ることができない、やる気がでないなどの様々な症状が起こります。

交感神経の働き 部位 副交感神経の働き
上昇 血圧 下降
収縮 血管 拡張
拡大 瞳孔 縮小
拡張 気道 収縮
心拍数増加 心臓 心拍数減少
抑制 胃腸の動き 促進
分泌(ネバネバ) 唾液 分泌(サラサラ)
分泌 汗腺
抑制 排泄 促進
早い・浅い 呼吸 ゆっくり・深い
抑制 ホルモン分泌 促進
減少 痛み 増大
低い 体温 高い

自律神経失調症の種類

自律神経失調症の種類自律神経失調の種類は4つの種類に分かれています。自律神経失調症の種類は「心身症型」「神経症型」「抑うつ型」「本能性型」になっています。

これらは精神的な症状が強く出ている自律神経失調症なのかあるいは身体的な症状が強くでている自律神経失調症なのかによって4つの種類にわけることができます。

心身症型自律神経失調症
 仕事や家事、育児、人間関係などの日常生活で起こる心と体のストレスが原因で起こります。そのため心と体の両方に原因不明の症状がでます。心身症型自律神経失調症は自律神経失調症の約50%いるといわれています。

 心身症型自律神経失調症は、周りの人たちに合わせてしまう、楽しむ、喜び、悲しみ、怒りなどの感情を抑えたり、疲れをためたりすることが原因で起こります。さらに我慢、頑張りすぎる、断れないなどのストレスが自律神経を過剰に刺激し結果として自律神経のバランスが乱れ自律神経失調症を引き起こします。

神経症型自律神経失調症
 不安や恐怖感などの心理的要因が原因で起こります。これは身体症状とともに心の症状も強く現れます。神経症型自律神経失調症の方はいつも不安が強く、周囲の出来事に対して過度に気にしてしまうため、これがストレスを作ってしまう傾向があります。

 このような傾向があるため自分で自分を追い込んでしまい、さらに自分にストレスをかけてしまい症状を悪化させるため症状回復に時間がかかることが多くなります。

抑うつ型自律神経失調症
 慢性的なストレスが蓄積され軽いうつ状態になることが原因で起こり最初は身体的症状がでていますが、気分が晴れない、意欲低下、不安感、気分的落ち込み、無気力などの心の症状を伴っています。

 几帳面、真面目、執着心が強い、完璧主義などの傾向がある性格の人はストレスを溜めやすいので、この抑うつ型自律神経失調症になる傾向があります。そして症状が悪化していくとうつ病に進行してしまうことになります。

本態性型自律神経失調症
 生まれつき自律神経バランスが乱れやすい体質が原因で起こります。自律神経の調節機能が繊細なためちょっとした変化に対して自律神経が反応しバランスを乱してしまい体調を崩す傾向があります。

 身体が強くない、具合が悪くなりやすい、低血圧などの体質がある方は本能性型自律神経失調症になってしまうことがあります。自律神経失調症の多くはストレスが原因の場合が多いですが、体質が原因で起こる場合もあるのです。


自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状自律神経失調症の症状は身体的症状と心的症状があります。これらの身体的・心的な症状が単独ででる場合もあれば複数重なってでる場合もあります。

私たちの心と身体は表裏一体で深く繋がっています。身体が痛み、辛い、しんどいと気分が落ち込みます。そしてその心的影響がさらに身体症状を強くさせ症状を悪化させます。

そしてさらに身体症状が悪化すると心的症状が強くなってしまうという悪循環になってしまい違う症状を引き起こすようになります。

自律神経失調症の症状は個人差がありどのような症状がでてくるかは様々です。

身体的症状
・疲れや倦怠感が続いている。
・慢性的な肩こりに悩まされている。
・頭痛がある。特にこめかみや首〜後頭部にかけて、頭が締め付けられるような痛みがある。
・眼精疲労やドライアイ、瞼の痙攣などがある
・口が渇きやすい、喉に異物感がある。
・便秘や下痢、食欲不振など、消化器系の不調が続いている。
・顔が火照り、手足の末端はは冷たい。
・耳の閉塞感や耳鳴りなどがある。
・胸が苦しく、動機や息切れがある。
・異常に汗をかきやすい
・めまいがある。
・風邪でもないのに微熱が続いている
・高血圧や低血圧など血圧の上昇や低下、不整脈などがある
・生理の周期が乱れている
・更年期障害である     など・・・・・

心的症状
・情緒不安定になり感情の変化が激しい
・集中力が低下や記憶力の低下がある
・イライラして怒りっぽい
・極端に緊張してしまう
・何に対しても意欲がわかず、元気でやる気がない。
・いつも強い不安感を抱く 
・落ち込んだり悲観的になる 
・怖い夢をよくみる、また金縛りにあう
・他人の視線が気になるだけでなく、自分自身の視線も気になってしまう 
・よく眠れない、寝つきや寝起きが悪い   など・・・

自律神経失調症と深く関わっている病気に更年期障害、メニエール病、過敏性腸症候群、パニック障害、高血圧、糖尿病、便秘、下痢、アトピー、不眠、睡眠障害、腰痛、肩こり、頭痛、手足のしびれ、生理痛、逆子、不妊症、うつ病などの様々な症状があります。


自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因自律神経失調症の原因はストレスと言われています。しかし、自律神経失調症の原因はストレスだけではないと当院は考えております。

自律神経失調症の原因は「ストレス」だけにしていることが多くありませんか?日常生活を過ごす中でほとんどの人は多少なりともストレスを感じているかもしれません。

もしストレスが原因であればほとんどの方が自律神経失調症になっているのではないでしょうか?そこで自律神経失調症になる人、ならない人に分かれるのは他に原因があると考えることができます。

それは考え方や性格、生活習慣、体質、体の構造異常などが大きく影響していると考えております。

例えば、季節の変わり目や寒暖の差・曇り空・雨などの天気によって体調を崩す方がいませんか?さらに仕事や家庭、人間関係などの環境が変われば体調不良になる方、ならない方それぞれありませんか?これと同様に自律神経失調症も何らかの原因で起こっているのです。

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが乱れから起こります。これらの原因が1つの要因で起こる場合もあれば、複数の原因が重なりあって自律神経のバランスが乱れ自律神経失調症を引き起すこともあります。

体質
 生まれた時から自律神経が繊細な体質の方がいます。このような方は交感神経と副交感神経のバランスが乱れやすいです。体質の特徴はすぐ疲れる、血圧が低い、冷え性、痩せているなどがあります。

さらに子供の頃、頻繁に熱や下痢などの症状があった方は自律神経が繊細な体質と考えられます。このような体質のために自律神経バランスが乱れるので自律神経失調症になります。

考え方・性格
 考え方、性格などの要因で自律神経失調症になりやすい人がいます。完璧主義、何にでも一生懸命に頑張る、頼みごとを断れない、周りの人に合わせてしまう、責任感が強い、自分の感情を出さない、几帳面、真面目な性格が自律神経バランス崩し自律神経失調症になります。

 また物事を悲観的、否定的に考えたり、1つのことにこだわったり、悪い出来事が1つでもあると全部そうなると決めつける、「○○するべき」、「○○すべきではない」などの考え方も要因となります。

生活習慣
 生活習慣の大きな乱れが自律神経失調症を引き起こします。自律神経が活動と休息のバランス保ちながら日常生活を過ごすことができます。

 しかし、活動時間が長くなり休息時間が少なくなる、あるいは活動時間が短くなり休息時間が長くなるなどの生活習慣が乱れると自律神経バランスが崩れ、自律神経が正常に働くことができなくなります。この状態が長い期間続くと次第に身体的な症状が現れるようになります。

また極端な睡眠不足や食事をまともに摂らず栄養不足になると自律神経の働きが乱れ自律神経失調症が発症することになります。

ストレス
 過度なストレスがかかると自律神経バランスを崩してしまい症状が起こります。ストレスには身体的ストレスと心的ストレスがあります。この2つのストレスが自律神経に影響を及ぼし自律神経失調症の原因となります。

 身体的ストレスは身体に負担がかかることです。長時間の労働や長距離通勤、暑さ、寒さ、雨風などの天気、睡眠過多や睡眠不足などの不規則な睡眠、疲労、不規則な生活、食べ過ぎ、小食、栄養不足などの食生活の乱れ、月経や妊娠などによる生理的身体変化などのストレスなどがあります。

 心的ストレスは心に負担がかかることです。就職、異動、転勤、失業、転職などの仕事関係、結婚、離婚、育児などの家庭関係、入学、進学、引越しなどの環境の変化、友達やパートナー、家族、恋人、上司、部下、先輩、後輩、孤立、いじめなどの人間関係などで悲しみや不安、怒り、落ち込み、不満などの心的ストレスがあります。

これらの身体的ストレスと心的ストレスが性格や考え方、体質などによってストレスの負担が異なり身体あるいは心に影響を及ぼしそれぞれの限度を超えると症状を引き起こします。

身体の構造異常
 自律神経は脳や脊骨、骨盤から出ているため、悪い姿勢や身体がゆがんでいると自律神経バランスが乱れ自律神経の働きが悪くなるので自律神経失調症の原因になります。

 人は正常な身体バランスにより日常生活を過ごしています。しかし、日常生活の中で悪い姿勢や身体がゆがむ動作を繰り返し行っていると、頭蓋骨、背骨、骨盤などがゆがんできます。

 自律神経は脳や背骨、骨盤から出ているため身体がゆがみ自律神経バランス崩れると筋肉や内臓など自律神経に支配されている各器官が影響をうけ身体的症状が起こってきます。

 さらに悪い姿勢になるとやる気が起きない、ネガティブな思考などの心的症状が起こるようになるため姿勢を改善することは大切になります。

 このように身体の構造異常により自律神経バランスが乱れ正常に自律神経が働かなくなり自律神経失調症を引き起こすようになります。


自律神経失調症治療の流れ

広島の自律神経失調症治療の流れ女性の方も安心の自律神経失調症治療

ポキポキしない、力に頼らないソフトな整体療法による自律神経失調症治療になりますので心地よい感覚で自律神経失調症治療を受けて頂けます。

【自律神経失調症治療の流れ】
「自律神経失調症治療ってどんな事をするんだろ?」
「どんな手順でするんだろ?」って疑問や不安ですよね。

初めて自律神経失調症治療をお受けになる前に、安心して自律神経失調症治療が受けられるように、自律神経失調症治療の基本的な流れを記載します。

1.カウンセリング表に現在の状況を記入
  まず「カウンセリング表」に必要事項をご記入ください。

2.カウンセリング
  記入していただいたカウンセリング表をもとにカウンセリングを行います。
   『どんな症状が気になりますか?』
   『どうしたら症状が強まりますか?』
   『いつ症状がありますか?』
 等、治療に必要な事を明確にして治療の計画を立てます。

3.身体バランスのチェック
 身体バランスチェックを行います。

4.説明
 カウンセリングをもとに施術内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

5.自律神経失調症治療
  鍼灸治療や整体療法を行います。ソフトな方法で治療を行います。痛みはありませんのでご安心ください。
 (※症状によっては刺激を変えるので軽度の痛みを伴うことがあります。)

7.自律神経失調症治療後の効果測定
 自律神経失調症治療後を行った後に、治療前と比べて身体バランスの変化を効果測定します。

8.自律神経失調症治療後の説明とアドバイス
 自律神経失調症治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスをいたします。


当院で自律神経失調症治療を受けるメリット

1.身体の状態がわかります。
 当院はカウンセリングから自律神経失調症の原因を症状の起こった部分、発生からの経過、日常生活の中での使い方などを総合的に分析し自律神経失調症になった原因を明確します。

詳しく原因を追求し把握することで自律神経失調症の原因を明確にさせてからその原因を専門用語を使わず分かりやすく丁寧に説明します。

2.最新の自律神経失調症治療
 豊富な自律神経失調症治療の経験と共に、常に検証しより効果的な方法を考慮しながら臨床に役立てています。また座学や研究会などに積極的に参加し知識と技術の向上をしているため常に効果的な最新の自律神経失調症治療を受けられます。

3.アフターフォローが充実
 自律神経失調症治療後も日々のケアが大切になります。そのため、自律神経失調症治療が終わっても一定の期間は身体と向かい合い注意することが必要になります。当院では自律神経失調症治療による効果の維持と再発を防ぐために1人ひとりにあった身体の使い方や生活習慣などの指導も行っております。

4.国家資格所持者による自律神経失調症治療
  当院は基礎医学を学んでおり施術は全て解剖学、生理学、運動学などの基本的な知識を有した厚生労働省認可の医療系国家資格所持者による施術を行っています。

5.全身のバランスを考慮した自律神経失調症治療
  身体はとても繊細にできております。その時の身体全体のバランスを考慮して最適な施術を行います。

6.薬を使わない自律神経失調症治療
当院で行っている施術は薬を使わない副作用のないソフトな施術方法です。そのため副作用や常用性の心配はありません。

7.トータルケアを行っている
当院の自律神経失調症治療は整骨療法、鍼灸治療、整体療法、カウンセリングなどそれぞれの症状に合わせたトータルケアを行っています。そのため1人ひとりに合わせた痛みのない自律神経失調症治療を行うことができます。

8.高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・自律神経学・スポーツ医学・レディース整体などの座学、研究会などに足を運び日々学んでおります。


自律神経失調症の施術料金

整体療法
 骨格のゆがみを改善し自律神経バランスを整えます。

初回整体療法 9720円
2回目以降  6480円

鍼灸治療
 東洋医学的鍼灸治療を行い自律神経バランスを整え体質改善を行います。

初回鍼灸治療 9720円
2回目以降  6480円

※この2つの自律神経失調症治療のコースからお選び頂けます。


自律神経失調症治療がご希望の方へ

自律神経失調症の改善には通常週に1〜2回の治療で3ヶ月〜6ヶ月前後の治療が必要となります。自律神経失調症は慢性的な経過で発症するため体質改善に時間が必要になります。そのため3ヶ月〜6ヶ月前後を自律神経失調症治療のワンクールと考えております。

ただし、症状の違いや1人ひとり生活習慣などの違いによって個人差の多少の違いはあります。もちろん、症状が軽い方はこれより早く改善しやすいですし重度の方はこれよりも期間がかかってきます。

このような方をお待ちしております。
・現状から変わりたい方
・不安や悩みを解消したい方
・自律神経失調症を治すという強い気持ちをお持ちの方

当院は『身体と心のバランスを整えあなたの望むライフスタイルの実現』を目的に自律神経失調症治療を行っています。そのため当院は、『治りたい』『変わりたい』という方を優先的に誠心誠意、施術していきます。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス